人生一番頼りになるのは夫ではなく自分と気付けばワクワク感が出る

自分を一番頼りにする

公開日 2019年2月18日 最終更新日 2021年4月13日

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者がどうすれば
笑顔を
取り戻せるのかという事がカウンセリングの大きな目的です

 

その中ではいろいろな勘違いを取り除く作業が必要不可欠です

 

相談者の勘違いを取り除く事がカウンセリングのスタート

 

 

勘違いとは何か

 

それは

 

‘夫を変える事‘

 

ではなく

 

‘自分を変える事‘

 

という、対象を変える事です

 

その対象を見誤っていては、いつまでたっても自分に笑顔なんて戻ってきません

 

夫を変えたいのは自分を変えたくない裏返し

 

 

そもそも夫を変えようとするの意識は、多くの相談者には共通しています

 

  • 『どうすれば夫は不倫をやめてくれるでしょうか』
  • 『何をすると私の方を向いていくれるのでしょうか』
  • 『夫には何が必要なのでしょうか』

 

と、その意識は夫の変化を起こすための要素を探しているのです

 

なぜ夫の変化に目が行くのかと言えば、

 

‘自分を変えたくない‘

 

という裏返しです

 

その自分を変えたくないというのは、安定や安心や安泰を崩したくないという防御本能
からきているのです

 

しかし、そう思っていても現実はそうではない事を今までの人生でもやっている

 

そもそも夫との出会いも安心がスタートとは限らない

 

 

例えば夫との結婚です

 

多くの相談者は

 

  • 『最初の印象は最悪でした』
  • 『ただの友達でスタートしていました』
  • 『この人と結婚するなんてユメユメ思っていませんでした』

 

という出会いをしています

 

それは自分の思い描いている事と現実は違うという事です

 

夫との出会いすら安心できる出発ではないのです


その後に起こる事も安心したいと、
考えているだけではうまくいかないのです

 

自分を変え出すと自分に笑顔が戻ってくる

 

 

結婚でも最後は自分を変えたという事ですから、この夫の不倫という状況でも同じ意識
必要なのです

 

  • 『私がこのバカな夫の愚行を許さない』
  • 『その先に潜むブス女をしっかりと突き詰めてやる』
  • 『こんなバカな事をされて黙っているなんて私のプライドが許さない』

 

という自分が笑顔を取り戻すのです

 

その変えるべき対象が夫から自分という事に気付くと、漏れなく自分に自信が戻って
くるのです

 

それを私の相談者が証明しています

 

  • 『夫に期待していた自分が一番の敵です』
  • 『自分にこんな力があるなんて思っていませんでした』

 

と、今後の人生に一番頼りになるのは夫でもなんでもない、自分自身という事に

 

‘ワクワク感‘

 

さえ覚えるのです

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら