ブス女にやらせてもらって子分に成り下がる不倫脳夫を見抜く

(昨日上記動画を更新しました)

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、夫はなぜブス女にこうも
入れ込んでいるのかという思いで、多くの相談者は考えています
夫の様子を見ていると

『トイレにも風呂にも携帯を肌身離さず持ち込むようになりました』
『夫は明らかに私と話をしても心ここに非ずです』
『前は言った事のない言葉を出すようになりました』
『夫の顔つきが今まで見た事のない表情です』

という感覚が出てきます

それを見れば、どれだけ陰に隠れるブス女に入れ込んでいるのかという想像をするの
は無理もありません
夫はと言えば

『お前にはもう愛情はない』
『俺の事はもういないものと思ってくれ』
『お前もこんな男と一緒にいるのは嫌だろう』
『早く別れてくれ、時間の無駄だ』
『お前と暮らすのは疲れた』

というように、暗にブス女との比較をネチネチと出す言動を出してくるわけです

その夫の様子を見れば、ブス女がどれだけ魅力的な女なのだろうかという想像をする
わけです
しかし、ブス女を調べていくと相談者のイメージを大きく裏切るようなブス女が出て
くるケースが殆どです

探偵を雇ったり、夫のスマホの中の画像でブス女を見ると

『何これ、旦那はこんな女がいいの』
『衝撃を受けました、こんなひどい女なんて思ってもいませんでした』
『夫の趣味とは全然違う女です、ちょっとショックです』

と驚く相談者を毎日のように見るわけです

夫がこのブス女に入れ込んでいるという現実と、自分の日頃知る夫との間には非常に
ギャップを感じるのです
なぜこんなブスに入れ込むのか
それは

‘やらせてもらった事が全て‘

だからです
妻が想像する以上に、夫はただSEXするだけならかなり広範囲の女を対象できるのです
そして、それが風俗ではない女であればお金で買っているわけではないので夫は客では
なく、自分が取引先からモノを供給してもらっている立場になっているのです

要は入れ込んでいるというより、ただ言いなりになっているのです
ブス女はそれを見越して夫にいろいろとプレッシャーをかけてくるのです
家にいる時にラインや電話をしてきたり、休日でも呼び出しているのも別居させるのも
ブス女の妻への嫉妬から来るのです

そのブス女に振り回されている夫を、ブス女に入れ込んでいると勘違いしている自分がいる
私の話を最初は半信半疑で聞いている相談者も、事実がわかってくるにつれて

『言われたとおりでした、夫はブス女の子分でした』

と、バカ二人に上下関係が存在する事を知って夫の姿を見誤っていたと認識するのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら