不倫脳夫を夫としてではなく一人の男と見る思考が自分を助ける

 

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私のアドバイスの中で
相談者にとっての夫と世の中から見る夫を知る必要がある事をおはなしします
どういう事かと言えば、相談者は

‘夫を夫としか見ていない‘

状態です

それは、自分の主観で夫を捉えている事に他なりません
もちろん、夫を主観で捉える事は普通の事ですし、何も起こっていない時であれば問題は
ないのです

しかし、夫の不倫は何も起こっていない状況の真逆の状況です
誰がどう見ても

『そんなのあり得ないだろう』
『何考えているんだ、家族をどう思っているんだ』
『何をしているのかわかっているのか』

と、白い目で見られるのです

その状況に相談者である妻が、夫を主観だけで捉えるのは危険な事なのです
それでは何をすればいいのか

‘夫を一人の男として見る‘

という事です

もちろんそれは簡単な事ではありませんが、それをやらなければいけないのです
なぜなら、起こっている事は夫という立場を忘れ一人の男として悪事を働いているからです
そこには夫を客観視する情報や思考を入れる必要があります

そのためにカウンセリングがあるのです

『今の夫の行動には家族や夫婦に引っかかるものはないのです、ブス女の言いなりです』
『夫は何をしても自分を一人の男と言い聞かせているのです』
『夫は自分を夫という立場をひていしたいから、あなたに敵対するのです』

と、相談者に起こっている事の原因を説明するのです
すると、

『だから私にいつも突っかかっているのですね』
『ようやくわかってきました、夫が私に言う言葉の意味が』
『こんな気持ちでいるから、夫婦としては無理というのですね』

と、合点がいった表情が出てくるのです
そこに、多くの相談者が夫を客観視するという意味を理解します
逆に言えば夫の事を夫としてだけ見ていては、何もわからなかったと実感します

人生の中でモノの見方を変えなければいけないという事を、夫を見て一番知るのです
それ位、自分の中には思考を固定化してしまうという敵がいるのです
それを知るだけでも夫の不倫を経験する意味がある

辛い事の中でしかわからなかった事を一つでも多く作る事が大事なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら