夫の不倫は`こんな事に怯えていたのか`と弱かった自分に呆れなければいけない事

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

(昨日上記動画を更新しました)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、自分ができる事は殆ど
やり尽くしている、何をしていいかさっぱりわからないというのが相談者の心境です
しかし、私のカウンセリングの中で相談者の状況を聞いて宿命のイメージでいろいろ
とお話しすると

『そうですよね、これをやっていくべきですよね』
『それは頭にありませんでした、やっていいのですか』
『それをやっても大丈夫でしょうか』
『私の中ではやりたいと思ってもできなかった事です』

というように、相談者は捉える言葉が様々出てきます

私からすると

『お前の顔のは見たくない』
『早く別れてくれ』
『一緒にいる意味がない』
『何を言ってもムダだ』
『こんな状況でまだ夫婦を続ける意味があるのか』

という夫のアホな言葉に、何もできないなんてあり得ないのです

相談者は今までやってきた事から

`やっていない事`
`中途半端にしている事`
`避けていた事`

をやらなければいけないのです

つまり、自分の想定外の事態には自分の想定外のアクションが必須なのです
しかし、想定外の事は自分の頭には思い浮かばないわけですから自分一人でいくら
考えても

`できる事は何もない`

という自分になってしまうのです

ここから想定外のアクションをするためには、自分が考えつかない事を聞いて勇気を
持ってやるしかないのです
私からすると何でも知らなければ怖い事ですが、知ってまえば普通の事です

その理屈というか道理を相談者に理解してもらうしかないのです
相談者も手詰まりになって状況が膠着すると

『何か違う事をしなければいけないはず』

と、本能的に理解します

その理解を行動にするには、知らない事を知る恐怖や不安を拭い去る自分が必須です
一度それを越えると

『こんなしょうもない事に私は苦しんでいたのか』

と愕然とすらなるのです

そこから自分の強い気持ちが出てくると、

『今までの人生の延長は絶対にダメ、自分を成長させなければいけない』

という自分への使命感さえも芽生えのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら