子供にダメなものはダメという夫が不倫を隠ぺいする現実を捉える

夫のふざけた態度

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者が夫にいろいろと
言われると、どうしても自分が悪いのではという気になってしまいます

『お前は家事もろくにできない、そういう所がイヤだったんだよ』
『俺の事を何もわかっていない、俺がどれだけ苦しかったか知らないだろう』
『お前には俺はもう愛情はない、もう俺たちは終わりだ』

とふざけた事を言われると

『私は奥さんとして失格、何をしてもダメな奥さん』
『何で私は夫をもっと大事にしてあげなかったのだろう』
『私が夫の事をもっとわかってあげていなければいけなかった』

という、思いに駆られます
しかし、それを言うのであれば妻の側も夫に言いたい事は数多くあります
それをどこか落としどころを作っていたり、相殺しているのが夫婦です
その夫婦の話は全国どこでも起こるようなものですから、一方的に言われるような
事ではないのです

それを夫が強硬的にかつ高圧的に言うのは、

‘自分の後ろめたさの隠ぺい‘

なのです
それを妻の日ごろの落ち度を強調する事で、妻からの追及をかわしているだけです
夫はそういう事を日ごろは指摘する側に回っているはずです
何かの失敗を人のせいにしたり、隠そうとする部下には

『自分の非を認めろ、お前にも責任があるだろう』
『ダメなものはダメだろう、これはお前がやった事だろう』

と言ったり、学校でケンカした子どもにも

『両方とも悪いだろう、仲良くしなきゃダメだろう』
『悪い事をしたら謝りなさい、一方的に責めるなんておかしい』

と言うように、自分がしている事と周りに言っている事は180度真逆なのです

そこに相談者である妻も気が付かなければいけない
自分が一方的に言われたり、責められるなんてあり得ない
そうなっているのは、夫の必死な隠ぺいが原因なのです

夫の言っている事とやっている事のギャプは、

‘認めてはまずい悪意‘

が全てです

そこにしっかりと切り込むのです
夫がそういう人間だったとか、こんな事をしていたとは思わなかったというような
失意を持つ事を恐れていてはいけない

夫婦だからこそ、相方がおかしくなった時こそ現実を捉えるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら