‘不倫脳夫はブス女の子分‘という隠れた実態が苦しみのカラクリ

夫はブス女の子分

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとって人生は
どういうものなのかと考えると、本来は幸せになるための夫婦であり家族です

 

その中で一人バカな事をしている夫に、あおりを受けて不安と恐怖が押し寄せている
のです

 

不倫は夫だけではできないブス女との共依存の犯罪

 

 

表向きはバカな事をしているのは夫だけですが、不倫は一人ではできないわけです
ブス女がセットになっている、いわば共犯です

 

私の相談者が常に苦しむのは、そのブス女が隠れている事で夫だけに頭が占めている
からです

 

そもそも夫はブス女の事を必死に妻には隠すわけです

 

それは見つかると

 

‘性欲を満たしてくれる相手を失う‘

 

事を意味しているからです

 

不倫ブス女の嫉妬とコンプレックスが大きなパワーを生んでいる

 

 

またブス女もそれをよくわかっているので、とにかく自分の身を隠しながら

 

  • 『奥さんに負けちゃダメ』
  • 『私がいるから奥さんとは別れてきて』

 

と夫を煽っているのです

 

そのブス女の執念とか嫉妬、コンプレックスが大きな悪のパワーを生んでいるのです

 

それを相談者が理解するのは、一人ではなかなか難しいのです

 

だからこそ、夫ではなくブス女にスポットを当て相談者の行動作戦を立てるのです

 

夫がブス女にコントロールされている実態を知るには、それまでどちらかと言えば
避けてきたブス女の情報入手を、積極的に取りに行く事しかないのです

 

夫がブス女にへこへこしている不倫の実態を知れば怒りがこみあがる

 

 

相談者がそこにメスを入れていく事で、夫のアホさの原因がよくわかってきます

 

それまで夫のアホさに右往左往していた相談者も

 

  • 『結局ブス女にへこへこしているだけじゃない』
  • 『私には偉そうに言っていたのは、ブス女の命令を受けているだけ』

 

という実態を知って隠れていたカラクリにあきれるのです

 

そこから、このバカ二人には弱らせられていた自分をやめるのです

 

不倫は夫が子分でブス女親分という構図

 

 

‘夫はブス女の子分‘

 

でしかないという、木村泰之のカウンセリングの言葉に相談者も

 

  • 『言われた通りでした、本当に情けない限りです』
  • 『夫が強いと思っていた自分がバカでした』
  • 『ブス女を怖がっていた自分が恥ずかしいです』

 

という言葉が出てきます

 

その言葉が出てきた時に不倫は夫と自分の問題ではなく、ブス女が糸引く世の中で
許してはいけない犯罪と確信するのです

 

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら