反省すべきは‘不倫の原因はダメな私‘ではなく‘毅然と戦わない私‘

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者の方の性格は
本当に皆さん悩みを全て自分に抱えてしまうほど真面目です
その性格がゆえ、非常に苦しむ事から抜けられないのです

『私がもう少し夫をしっかり支えていればよかった』
『夫はこんな私に愛想を尽かしてしまった』
『どうして夫をわかってあげられなかったのだろうか』

という

‘自分の不足‘

を考え続けるのです

そこに大きくも深い負のスパイラルがあります
そもそも夫の不倫に悩む原因の対象を、自分自身にしているのです
相談者である妻自身には、不倫に関して言えば全く責任はないのです

そうでなければ、不倫の被害者としての慰謝料請求権は妻に発生しません
逆に夫やブス女には何も権利は生まれません
夫は有責配偶者という、いわば

‘離婚をする権利‘

がはく奪されるのです

それが世の中のルールです
しかし、相談者の思考は逆行しているのです
被害者である自分をどこかに置いておいて、自分から加害者になっているのです

それも、まずは自分を反省する思考のクセがあるからです
もちろん反省する事は悪い事でもなんでもありません
むしろ必要な事です

しかし、何が問題かといえばその反省すべき対象です
不倫の原因を作っているという勝手な解釈をしているというか、夫に押し付けられて
いるのです

相談者が反省すべき点は

‘不倫の原因を‘作った事‘

でもなんでもなく、

‘不倫に毅然と戦わない事‘

なのです

それもこれも、夫との関係が悪くなるのではという被害妄想です
そもそも、不倫をしている時点で夫は妻を舐めているのですから、これ以上ひどくなる
事はないほど、夫婦の状態は最悪です

その状態よりまだ悪くなるのではと、勝手に今の状態を最悪ではないレベルにしている
のです
その自分が冷静に物事を判断していない事が、不倫に毅然と戦っていない自分を作って
いるのです

そこから、反省すべき点を不倫を結果的に放置している自分にするのです
その状態になれば、相談者は本来あるべき自分になっていくのです

『私は何をしていたのだろう、私は大きく世の中から外れていた』

という事に気づくのです
そこに気づけば真面目な性格の相談者が取り組むことは、おのずと出てくるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら