夫婦が本来の`守り守られ`から`舐める舐められ`の関係が不倫

 

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとっての
夫婦と夫にとっての夫婦は全く違う意味があるわけです
というよりも真剣さが違うという言い方の方が合っています

どう違うのかと言えば、一言で言えば

`守る対象かどうか`

という事です

妻からすると、夫に何かあれば自分のできる事はしようと考えているはずです
いつもはどちらかと言えば、夫に経済的にも精神的にも頼っているのは事実です
しかし、例えば夫が仕事で干されたら自分も働くはずです

また、何かトラブルで借金を負えば実家に頼んででも返済の金策に回るでしょう
それ位、自分の中で守らなければいけない意識が出るはずです
かたや夫はと言えば、普段は自分が稼いできている意識から守るというより

『俺が養っている』
『俺のおかげでメシが食えている』
『俺がいなければ何もできない』

という、上から目線です

その中では夫婦のパートナーの見方が全く違うわけです
それをわからないまま、夫婦を何となく続けているのです
その結果が夫が妻を舐めている不倫です

『あなたがいなければ私はどうすればいいの』
『あなたの事をわかってあげていなくてごめんなさい』
『あなたが私に愛想を尽かすのも私のせい』

という自責の念も結果的には夫のみならずブス女にも舐められているからです

その夫婦でいながら、一方は犯罪に走りかたやその犯罪者にひれ伏すまでに形を
変えているのです
そこに気付いてもらうのがカウンセリングです

そこから自分と夫の夫婦が全然違うものになっている事を、しっかり認識して
もらう事が大事です
夫婦を形だけで考えてはいけないのです

もっと自分の中で本当に何かあった時に

`守り守られの関係`

になっているのかを

考えなければいけないのです

要は

`舐める舐められるの関係`

から脱却しなければいけないのです

そのためには、自分が犯罪者である夫を夫の前に犯罪者と見ているかどうかが
カギなのです
不倫が世が世ならば、国が国ならば死刑になっているかも知れない

今の日本だから慰謝料請求だけで終わっているだけの事です
そういう見方を拡げる事が非常に重要なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら