夫の不倫は‘夫婦の事は私が決めてついてこさせる‘決意の転機

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者が考える夫と
世の中が見る不倫脳夫は全くと言っていいほど違います
相談者にとっての夫は言わば

‘自分を守ってくれる一番必要な人‘

という感覚です

しかし、世の中から見れば

『こいつバカじゃないの、奥さんや子供さんが心配する事をして』
『情けないヤツ、本当にバカな事をしている弱いオトコ』

という感覚です
その中で、相談者である妻がどういう自分が必要なのかと言えば

‘妻ではなく社会の一員‘

という感覚です
妻という立場は思いや愛情ではなく、戸籍が担保しているのです

それを喉から手が出るほど欲しいのがブス女なのです
それを考えると、いくら一緒にいても戸籍がなければ安心しないのです
それを自分が持っている事を忘れているのです

そこに夫婦に大きな勘違いがあります
そもそも夫が自分を守ってくれる人という定義は、虫のいい話です
仮に夫が

『俺はお前の事を一生大事にする』
『俺はお前を守る』

と、天皇陛下が皇后にお話しされたような事を言ったとしてもそれはその時の言葉
でしかないのです

『私は私でこの人を大事にしよう』

と、お互いに思っているのが夫婦です

夫婦はどちらかが一方的に、どちらかに尽くす関係ではありません
しかし、どこかで相手を補完するというよりも寄りかかっているとか寄りかかられて
いるような状態になっているのです

それを自分たちで補正する力がないのです
だからこそブス女の侵入を許しているのです
そこには、多くの夫婦の定義を見直す作業が必要です

それまでの延長で夫婦をやっても先がない事を、相談者が一番わかっています
その中で、夫を入れずに自分一人で夫婦をイメージするのです

『夫との夫婦なのに私一人で考えるなんてできるの』

と思うかもしれません
しかし、実際に夫は妻の先導で進んでいる夫婦は世の中に数多く存在します
夫ではなく妻に主導権がある夫婦の方がうまくいくのです
夫は妻の言っている事を聞いている方が楽なのです

下手に夫に決めさせようとしている夫婦には、不倫という事態が起こりがちです
それもこれも妻に

『私が夫婦の事を決める、夫には口出しさせない』

位の決意が必要なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら