相談者から`弱い自分を徹底的に鍛えて`を引き出すのが木村泰之

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私のカウンセリング
の中で、いつも意識している事があります

それは

`相談者との戦い`

です

これを見て

『何でカウンセラーが相談者と戦うの』
『相談者を助けるのがカウンセラーじゃないの』
『戦うってあり得ないでしょう』

と思う方も少なくないはずです

しかし、私の中ではカウンセリングは紛れもなく

`相談者との戦い`

です

では、何とどう戦っているのか
それは相談者が勝手に弱くなっている事との戦いです

『私は何をしても無理です、夫婦がいい方に向くなんて考えられない』
『こんな事をしてもっと夫婦がおかしくなったらどうすればいいのか』
『私がもっと夫をちゃんと見てあげていたらこんな事にはなっていなかった』

というように、自分の弱さを後悔してもしきれないような状況です

しかし、それを客観的に見れば

『何で不倫されてあなたが弱るの』
『悪いのは夫でしょう』
『結局夫にすがっていたいんでしょう』

というように、白い目で見られるわけです

そこには

`弱い自分の方が楽`

というクセがついているからです

相談者自身は夫にすがっていたり、依存している期間は主体的に物事を判断したり決める
状況は少なかったのです
しかし、依存先の夫がおかしくなった途端に主体的に物事を考える事を忘れているので
アタフタしているのです

そういう弱さを払拭するための戦いです
相談者が弱くなっているのは、相談者自身が勝手にそうなるべくしてなっています
そこには気付かないまま、夫の不倫でさえも

『私が悪い、私のせい』

という事を感じてしまっている

カウンセリングはそういう相談者の心の体質改善の場です
そうなると、今までの慣れている状態に戻ろうとするクセが付いている相談者に

『自分では選ばない方を行かなければ今までと同じですよ』
『同じ事を続けていても、全く意味がないですよ』

と、その場に留まろうとする相談者のお尻を叩くのです

それこそがカウンセリングが

`相談者との戦い`

という意味です
そこまで理解すると、相談者も

『そうです、弱い自分を徹底的に鍛えて欲しいです』

という言葉が出てくるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら