ブス女に会ってもいいか夫に聞くのは刑事が犯人に情報漏洩するのと同じ

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとって自分が
できる事が、夫の許可が必要という

‘承認待ちの妻‘

になっているケースが殆どです
それは普段の夫婦の関係がそのまま出ているわけです

『これを買おうと思っているけど、いい?』
『ここに行きたいけど、行っていいかしら?』
『これをやってもらいたいけど、お願いしていい?』

と、何かにつけて夫にイエスをもらうという自分がいます

もちろん、それが必要なケースも多々あるはずです
しかし、それが惰性となっていちいち聞かなくてもいい事を承認末の自分がいる
はずです

それは相談者自身が一番わかっているのです
しかし、もうそれが当たり前になっているので不倫している夫にさえも

『私がブス女に行けば夫に怒られます』
『私は夫に不倫をやめてくださいとお願いしてしまいました』
『私が内容証明を送ったら夫は逆ギレします』

と、とにかく夫の顔色を窺う自分が最初に出てきます

しかし、夫は不倫という犯罪を犯しているのです
その夫の犯罪に対して正そうとする行動を、犯罪者本人に

‘やっていいか悪いか‘

を聞いていてどうするのかという事です
そもそも夫に聞いていいのは、夫婦間の問題です
しかし、夫の不倫は夫婦間の事は殆ど関係なく夫とブス女の悪事です

それを一番間近で知っている妻が、一番それを正す権利と義務を持っているという
構図です
その権利と義務の行使に、夫の判断や意思を必要とするなんてあり得ません

例えるならば、刑事が犯人を逮捕する際に

『逮捕していいか』
『もう一人の共犯を捕まえていいか』

と聞くわけがないのです
それと同じで、夫と自分の関係性を考えるとどこかでいびつになっているのです
それもこれも、自分の中で

‘夫に悪事はあり得ない‘

という、前提があるのです

そうでなければ、何かにつけて承認をもらう自分はいないはずです
夫だってアホな事をするし、間違いもあるのです
不倫が間違いではないという人はいません

夫婦にそういう善悪を全く意識せずに生きてきた事が、こういう時に出てしまう
わけです
夫は妻にとって大事ですし必要な人間という事は、まぎれもない事実です
しかし、それと善悪を判断するという事は全くの別物です

妻が妻の立場として

‘やっている事を許せない‘

と、倫理を出さなければいけない

それこそが、本当に夫婦を続ける意思を持つ人間の取るべき行動なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら