元に戻したいと言う元がないのが夫婦なのに修復という愚をやめる

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者の中では
夫婦を修復したいという思いが強くあるというか、言葉にする方が多いわけです

『私はとにかく夫婦を修復したいです』
『離婚はしたくないです、修復したいです』
『私も反省すべきところは反省して、修復をしたいと思います』
『夫に不倫をやめてもらって、二人でゼロからのスタートで修復を希望します』

というように、とにかく修復という言葉が出てくるのです

その気持ちはよくわかりますし、そう言いたくなるのも無理はありません
しかし、ここでよく考えなければいけない事があります
それは

‘修復とは何か‘
‘修復とはどういう事か‘

という事です

しかし、それは正直相談者もよくわからないまま言葉だけが先に出ているのです
そこに多くの相談者が非現実的な思考になっているのです
例えば時計や家などの物理的なものが壊れているのであれば修復するという表現
はおかしくありません

しかし、夫婦には形がないわけです
それを何だかしっかり形があるものと勘違いしているから、何も疑問なく

`修復`

という言葉を夫婦に使っているのです

1年前も3年前も5年前も10年前も夫婦の構成メンバーが同じだけで、状況は全く
違うのです
もっと言えば午前中と午後と夜の夫婦でも全然違うのです

修復というのは、

`何年何月何日何時何分の夫婦`

に戻ろうとしているのか、という理屈になってしまうのです

自分の記憶にある仲良いい夫婦でも、その日午後はケンカしているかもしれない
そういう変動するものに、修復もへったくれもないわけです
それをカウンセリングでは、とくとくとお話しします

すると、相談者の言っている修復は

`離婚はしたくない`

という意味に落ち着いてくるのです
それを相談者は焦りから、自分のいいイメージに引き上げようと

『修復したいです』

という表現を無意識に使っているのです
そういう非現実的な所を脱却しなければ、夫とブス女に翻弄されっぱなしになって
しまうのです

修復は存在しない虚像です
というよりも、夫婦を元に戻すと言っている元がないのです
それを相談者に、しかと頭に入れてもらう事が夫の不倫に対峙する第一歩なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら