木村泰之のカウンセリングの目的はダメなものはダメを言う強さの醸成

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私のカウンセリングの
目的は何かと言えば、

‘相談者を強くする‘

という事に尽きます
それはどういうことかと言えば、

『私は夫には何も言えません、夫は強くて自分の思い通りにする人です』
『私が何かをしても、夫はそれがどうしたという態度です』
『私には何も関心がありません、私を見下しているのです』

というような自分がいるわけです

その中では、夫婦がおよそ正常とは言えないわけです
ではなぜそのような夫婦になっているのか
いろいろな理由がありますが、一番は

‘妻の弱体化‘

が挙げられます
私が相談者とお話をしていても、どうしても妻である相談者の方が勝手に夫に卑屈
になっているのです
それを想像すると、どこかで夫のテンションについていかないようにしている自分
がいるのです

『私は夫に任せておけばいい』
『私のすべき事は夫が気持ちよく働けるようにする事』
『夫にはもう何も言えない、私はついていくだけ』

というようにどこかマネージャーのような立ち位置になっているのです
それは、いろいろ世話をする事で、夫の仕事やストレスを緩和するようなイメージ
ですが、それではやはり夫の事を

‘腫れ物に触るような接し方‘

になっているのです

夫は正直その方が楽です
夫は嫌がおうにも仕事はしなければいけない
そこに妻がへりくだっている態度であれば、ある時

『俺が主導権を握っているから、何をしても大丈夫』

という、ヨコシマな考えがもたげてもおかしくないのです

そこに大きな落とし穴があるのです
妻は夫の当たり前の仕事するという立場に、必要以上に寄りかかっているので
どんどん自分の立ち位置が弱体化するのです

それをしっかりと矯正するのがカウンセリングです
正直相談者に優しさや愛情はもういらないのです
それは今までの人生で、いくらでも出そうと思えば出せる自分がいるのです

しかし、

`ダメなものはダメ`

という毅然とした自分は、努力と身に付かないのです
そういう倫理観や道徳観は常に磨いておかなければ出せないのです
強さを欲している事を相談者自身が一番わかっているのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら