不倫脳夫に負け妻のプライドがない自分が修復や解決を言葉にする

 

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、カウンセリング初期
に相談者の希望を言葉にすると修復か、問題の解決という表現になります

『とにかく修復したいです、離婚はしたくありません』
『どうすれば問題が解決するのでしょうか』

という言葉を使っている方も多いはずです

しかし、その答えは

`存在しない`

のです

なぜ存在しないのかと言えば、相談者の言う希望が曖昧というか、勘違いしている
からです
どう勘違いしているのかと言えば、例えるとメニューにないものを勝手に欲しいと
言っているようなものです

なぜ修復や解決がメニューにないのか
それは

‘妄想‘

だからです

『あなたの夫婦の修復とは形にするとどういうモノですか』

と質問すると

『昔のような仲の良かった夫婦に戻りたいです』
『夫に反省してもらって、また一緒に夫婦を頑張る事です』

というような回答です
しかし、それを言葉にしているうちに相談者も

『私は何を言っているんだろう』

という顔になります
つまり、昔に戻れるわけないとか自分でない夫の気持ちを変えるなんて無理という
事をわかっているからです
また、解決というのは何かハッキリした問題に対して使う言葉です

しかし、不倫は妻は関係ない夫とブス女の犯罪です
その自らが関与していない事ですが、相談者はどうにかしてバカ二人を別れさせる
という事を解決と思っているのです

それこそが、夫の不倫には修復と解決はメニューにないという事です
では何があるのか

‘ダメなものはダメ‘

を貫く自分の信念しかないのです
修復なんて妄想を少しでも考えている相談者には、夫とブス女の悪事に負けている
のです

『自分の方に気持ちを向けて欲しい、私が悪かった』
『私はブス女に負けている、どうすればいいの』

という、自滅が修復とか解決という都合のいい言葉を生んでいるのです
そもそも、不倫されていてまずは出てくる感情は怒りや憎しみです
恋人の時に浮気されたらどうなっているのか想像すればわかるのです

それが夫婦ではそうならないのは、夫に過剰に寄りかかっているからに他ならない
言い方を換えるとプライドを捨てた自分が修復や解決を言葉にしているのです
それを、カウンセリングの中でとくとくと説明するのです

『私が単に弱かったんですよね、悪い事している夫を正せないのはブログに書いて
あるまさしく平和ボケです』

という言葉が出てくるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら