人生の基準を全て不倫脳夫に置いている自分が自分を責める原因

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者には何が一番
必要なのかと言えば、自分を肯定する気持ちです
そもそもそれまでの人生で

『俺はお前には関心がない』
『俺をもう少し大事にしていれば違っただろう』
『お前は俺の事をわかっていない、何もわかっていない』

と、上から目線で否定される事なんて殆どないのです
しかもその相手が

『結婚してくれ、俺はお前と結婚できなければ一生独身だ』
『俺はお前と一緒になる事しか考えられない』
『俺にはお前しかいない』

と、自分に一番の気持ちを出している夫です

その夫に一番否定されるなんてあり得ないのです
そういう夫婦の仲では考えられない言葉に、自分を下げる事を真っ先にする自分
をおかしいと思わなければいけない
本来であれば、

『一方的に言うのはおかしい』
『私にだけ非があるはずはない』
『こんな事を言われるのは心外』

という、反発が出るはずです
そしてそこから

『私に何か隠しているモノがあるはず』
『私に言えない事を持っている』
『私に後ろめたさがある証拠』

という読みが入るべき場面なのです

そこがそうならないのは、やはり自分で夫に過剰に寄りかかっていrルからです
私が相談者に最初お会いする時には

『うちの夫はすごく真面目でこんな事をする人じゃないと思っていました』
『いまだにあの人がこんな事をするなんて信じられません』
『夫は病気なのでしょうか、私には信じられなくて』

という、

‘????‘

しかない

という事は、現実を優先せずに自分のイメージを優先させている
それはある意味仕方がない事ですが、それもこれも相談者のプライドが小さく
なっている事に起因しています
夫のアホな行動に自分を責めてしまうのは、

‘人生の基準を全て夫に置いている‘

からです

そうでなければ、不倫という一番の裏切りに夫にすがるはずがないのです
そこを勘違いしている自分を直してもらうのです
自分を否定しても何も始まらないのです

自分を褒めたり肯定する気持ちは、今までの努力や頑張りにその源があるのです
不倫脳の夫の暴言にそれを一瞬にして崩す自分ではいけないのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら