不倫をやめて欲しいと妻としての反省を交換条件にする自分をやめる

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者の中には
自分の方が夫に謝る事で不倫をやめてもらう交換条件にする方もいます

『私が悪かった、本当にごめんなさい』
『私はあなたの事をわかっていなかった、これから頑張るから許して』
『私があなたに優しくなかったからいけなかった』

というように、とにかく自分の日頃の至らなさを話して不倫をやめてもらうと
いう意思表示をするのです
それはなぜそういう言葉が出てくるのか

『俺はもうお前には愛情もない』
『俺がどれだけ苦しんでいたか知らないだろう』
『俺にはもうお前には愛想が尽きた』
『前からいつも言っていたはずだ、家事もできないくせに』

というように、日ごろの妻のダメダメを盾に言ってくる夫の言葉が相談者の
心理を弱らせているのです
しかし、それは不倫を引き換えにする事でも何でもない

単純に相談者が

‘反省しなければいけない事‘

として、改める事です
それが直ればいいだけの話です
しかし、不倫という犯罪はそのまま残っているのです

そもそも妻が頑張って日頃の態度を改めたとしても、不倫が終わるなんて事は
あり得ません
むしろ

『俺がやれって言ったからやっただけで、何も変わっていない』
『それ位では俺は何も許しているわけじゃない』
『俺はもうお前が何をしても無駄、早く別れてくれ』

と、不倫をやめる気なんてさらさらないのです
その不倫と日ごろの態度を交換条件にしている自分をやめなければいけない
自分の反省と、不倫を撲滅する事は全くの別物です

それをカウンセリングでしっかりと理解してもら野です
そこから

『私が弱っているだけで、結局夫とブス女は別れるなんてあり得ませんでした』
『私に責任を押し付けているだけで、本当に許せません』

という言葉が出てきます
そこから夫の浅はかな態度や思考に妻として

‘舐めている夫に怖さをわからせる‘

位の自分を作るのです
そこから、

『私は夫婦を勘違いしていました』
『私が主導権を握らなければいけないという意味が分かりました』

という言葉が出てくるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら