弱る自分を強くするのは不倫夫に助けて欲しい気持ちを捨てた時

(昨日上記動画更新を更新しました)

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者がどうしても
弱い状況にいると、何を考えてもうまくいかないというかネガに行きます
ちょっとした事でも悪く考えてしまう自分がいるのです

『夫が帰って来ない、どうすればいいのか』
『夫に離婚を言われたらどうすればいいんだろう』
『夫と話しても絶対に嫌われているから、話をしたくない』

という自分がいます

まるで自分が悪い事をして、夫に叱られるような関係のような心理です
しかし、現実は夫とブス女が悪いだけです
相談者である妻は何一つ悪い事なんてしていないのです

その状況から抜けるには、ダイナミックに心理を変える事です
そもそも相談者は結婚した時には

『この人で間違いない』
『夫ほどいい人はいない』
『私はなんてラッキー、世の中で一番いい人に巡り合った』

位の感覚です

しかし時が流れてそう思っていた夫は、自分を一番苦しめる男になっている
それを考えると、人の考える事なんていい加減なのです
自分の選球眼を過信したり、相手をよく見過ぎているのです

それもこれも

`自分を楽にしたい`

という本能です

それはそれで必要な事ですが、現実を考えるとそれでは苦しい場面がちょくちょく
訪れてきます
なぜならあるべきモノを勝手に作っているからです

本来はそれほど多くはないのに、自分の頭の中で

夫はいい人だから私を守ってくれる』

という思考を勝手に作り上げているのです

その自分が自分を苦しめるのです

そもそも結婚する時には勢いや

`あばた戻らないえくぼ`

的なアドレナリンが湧き出ているのです

現実よりも良く見ている自分が結婚に踏み切っているのです
そこから自分をどう変えるのか
それこそ結婚してこんな男を選んでいる自分に、まだまだ甘い所があるという自覚
がいるのです

それ位の喝を入れていくと、弱っている場合ではないのです
自分を高めたり成長させるのは、他人を動かすのと違っていつでもどこでもできる
のです
そう思えば弱る時間を強くする自分に変えるのも自分次第なのです

弱る方に留まろうとするのは、自分がどこかでアホな夫に助けてもらいたいなんて
バカな事を考えている証拠なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら