結婚は自分の判断なのに夫の不倫への行動に許可をもらう自分に喝

 

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者とのお話しの
中で、どうしても私が強く言い返す事があります
それはどういう時なのか

『私は夫には強く言っていいのでしょうか』
『子どもには不倫の事実を言っていいのでしょうか』
『ブス女にはやめて欲しいというべきでしょうか』

というような質問が出た時です

それに対して

『それは自分が決める事ですよ』
『私に許可をもらってやる事ではないですよ』

という答えを返します

どういう事かと言えば

`許可をもらうのをやめる`

という事です

そもそも夫婦や家族や自分の敵対するブス女に対して、、何をどう他人に許しを
もらう必要があるのかという事です
それは相談者である妻が、結婚生活で夫に判断や決断を委ねている弊害なのです
もちろん、私もカウンセリング初期の頃は

『これはしっかり言って下さい』
『ここはこう動くべきですから』
『今はこの行動が必要です』

と、判断したアドバイスを送ります

しかし、その中で相談者も徐々に強くなっているのがわかりますから

『もう自分で決めなければいけませんよ』
『私に聞くのは自分に甘えているのですよ』
『こんな事を聞いているようでは、この先人生でつまづきますよ』

という言葉で返さなければいけないのです

そうやっていかなければ相談者はいつまでも

『許可をもらってから動こう』

という思考になるのです

そもそも結婚だって誰かに許可をもらったわけではないのです
自分で決めたのです
その結婚した後に起こっている事象に、誰かに許可をもらって動く事自体が結婚を
手にゴールにしているのです

そんな相談者の身に染みついている

`誰かに聞いてから動く病`

を治療するようなものです
木村泰之が一生カウンセリングをするわけではない
いつかは相談者は自分の判断で動くのです

それをこちらが意識してアドバイスを送らなければ、相談者は成長が鈍るのです
相談者が許可をもらうクセが出ると

『私が決める事でした』
『私がまだ許可をもらおうとしているのですね、まだまだですね』

と、自分の判断を磨く意識を持つ言葉が出てくるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら