不倫脳夫の強気な言葉は自己保身と解説するのがカウンセリング

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者の夫への思いは
いくら頑張っても届かない、何かがズレているという感覚があります
何がズレているのか

『私が言食ら不倫をやめてほしいと言っても、夫は全然やめてくれない』
『何をしても私の思いは夫には通じない、何をすればいいのかわからない』
『夫は何でも自分の思い通りにしたい人、私の事なんて後回し』
『夫が言っている事は私の嫌がる事、煙たがる事ばかり、何でいつもそうなのか』

というような諦めにも似た思いです
しかし、よく考えると夫という人間は妻にとっては昔から自分勝手な性格をして
いるのです
それは至る所で出ていたはずですが、夫婦がそれなりに回っているので

『夫は自分が一番、私はそれについていくだけ』
『夫は外面が良くて家では亭主関白、それはそれでいい』
『夫は結局自分が大事、でも私を養ってくれているから我慢できる』

という捉え方をしているはずです
そういう自分の夫の捉え方を客観的に考える事が大事です

『お前の言う事はもう何も聞きたくない』
『俺は俺で自由に生きる、お前も自分の好きにしろ』
『お前とは無理だから、それが俺の答えだ』
『早く別れてくれ、お前に臨む事はそれだけだ』
『何で俺と別れない、お前もこんな男は嫌だろう』

という言葉を出す夫は、基本的には昔から何ら変わっていないのです
ただ一つ

‘妻に言えない悪事を働いている‘

という事だけが違うのです
そもそも夫は妻のしらない所で、仕事上でシラを切ったり強行突破するビジネスシーン
を過ごしているのです
その小ズルい演技や言葉を、自分の不倫でも出しているにすぎないのです

仕事上の夫の姿なんて知る由もないのです
その夫が突然変わったように見えるのは、単に

『俺の不倫を妻に知られたらやばい』

という、アホで幼稚な思考からきている自己防衛なのです
それを普段やっている仕事上の演技や言い回しで、火の粉をかぶらないように
しているだけなのです

そういう夫の浅はかな心理をカウンセリングで説明するのです
そこには

『私が夫を買い被っていました』

という言葉が出るのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら