‘不倫をやめさせたい‘自分は夫にすがっている自分という現実

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者の中には
どうしても夫の不倫の捉え方が非常に偏った見方になっています
それはどういうことかと言いますと

『夫の不倫を早く終わらせたいです』
『皆さん夫の不倫は解決されていますか』
『どうすれば二人を別れさせる事ができるのでしょうか』

という言葉が出てきます

そもそも、いい歳こいたオッサンとオバサンがこそこそと、乳繰り合っている
のが不倫です
それを24時間監視できるわけでもないのです

そのアホな二人を別れさせたいとか、解決方法を考える事自体他力本願がある
のです
夫とブス女の事を誰も別れさせる方法なんてないのです

阿部総理大臣でもトランプでも天皇陛下でもできない
それを世の中に方法論がある事を前提にしている相談者の思考がやばいのです
では、

『この不倫をやめさせる事ができないのであれば、どうすればいいの』
『できないのであればカウンセリングを受ける意味がないのかも』

と考えるかもしれません
しかし、そう思うのもおかしな話です
そもそも夫の不倫はこのバカ二人の悪事です

それを被害者の相談者である妻ができる事は

‘自分の納得するまで行動する事‘

だけです
それは別れさせる事とは違うのです
具体的に言えば、私の相談者はカウンセリングを受ける事で夫の不倫に対し

『別れる別れないんなんて私がコントロールできる事ではない、しかし私の
怒りはしっかりとぶつける』
『解決なんて私が作る事、そもそもこのバカな男がどうなるかなんて考える
事自体が意味がない』

と、それまでの夫をどうにかしたいという勘違いに気付く言葉が出てきます
それは

‘妻のプライド‘

を取り戻した事に他ならないのです
それは夫とブス女の事を気にしないわけではないですが、妻である自分がやる
べき事は

『自分と子供や親が浮かばれる事』

という事に気付くのです

そこには、夫の不倫をどうにかではなく自分自身の人生をどうにかするという
事に集中させる転機なのです
それ位、このバカ二人のアホさを正確に知らなければいけないのです

やっている事に惑わされてはいけない、夫の弱さや情けない姿を受けいれたら

『何で私がこのバカ二人を別れさせる事に必死になるのか、ただただ腹立たしい
気持ちをぶつけるだけ』

という自分に変わるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら