‘選んだ自分も悪いが弱くて情けない夫を正す‘があるべき妻

(本日上記動画更新をしました)

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、夫には何を言っても
通用しないような状況が続きます
通用しないというか、聞く耳を持たないという状態です

それには訳があるのです
そもそも、夫は不倫が悪い事とわかっているのです
だからこそ、妻とは接触する時間を極力持ちたくないのです

『あいつは鋭いから俺のやっている事を見抜くかも』
『不倫を知られるとやばい、絶対に怒りだす』
『俺の不倫を知れば必ず親にも言いそう、絶対に隠し通す』

という心理です
その心理はまさしく

‘責められる自分‘

を想像しているという事です
つまり、自分の悪事を認識しているのです
夫自身が悪くて妻が悪いわけではないのですが、それを妻の日頃の態度や接し方
にすり替えているのです
それもこれも、強い

‘自己保身‘

があるからです
そこから夫自身、抜ける事はありません
自分の悪事を棚に上げてでも、責められたくないという心理が勝るのです
それもこれも、

‘責任回避をする弱さ‘

でしかありません
相談者者はとかく

『うちの夫は強い人です』
『言い出したら止まらない、私では太刀打ちできない』
『私には何も言えない、夫は頑固です』

と、本当に大きな勘違い強さを言います
夫が強いというのは、責任感が強いという事です
それを、自己保身が強いという事を相談者は言うのです

相談者である妻は自分の夫がいかに自分を優先して、悪い事を認める強さがないか
を認めたくないのです
と言いますか、夫の強さを正しく認識していないのです

ただただ逃げ回るための言葉が強いだけなのに、それを人間的に強いというような
呆れた錯覚をしているのです
そこに大きな問題があるのです

妻であれば自分の夫がダメな事をしている、人に迷惑をかけているという実態を見て
何もできないままでいいはずがないのです
そこには、夫を正確に把握する妻がいるのです

『この男は本当に弱くて情けない、選んだ自分も悪いがそもそも人間的にダメなヤツ』

位の分析があってしかるべきなのです
その悪事を放置せずに、対処したうえで夫婦をどうするかを考えるのが人としての道
なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら