不貞夫との戦いがなければ独身の頃の自分に失望される自分になる

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者の心理を読む
中では、夫の不貞はとにかく

`なかった事にしたい`

という心理です

それは随所にそういう言動が出てきます

『今回の不貞は目をつぶるから戻ってきてほしい』
『私が悪かった、あなたが許してくれるなら私も許す』
『夫の不倫は嫌だけど、夫婦を再生するためなら詰めない』

という、何だか曖昧な事を言っているのです
その中で夫は

『悪かった、ごめん』
『俺も反省する、だから一緒に頑張ろう』
『こんな事をした俺がバカだった』

という真摯な態度になる事はまずあり得ないのです
なぜなら、夫には

‘夫婦はこんなもの‘

という自分の中で勝手になあなあにしているのです
そう考えると夫も妻も夫婦を勝手に自分都合で作っているのです
夫は

『どうせあいつは俺の言う事を聞かなければ生きていけない』

とタカを括っているわけです
妻は妻で

『あの人は私をわかってくれるはず』

と、タカを括っているのです

そんな

‘おままごと夫婦‘

を続けている自分に気が付かなければいけない
夫の不貞を不問に付すなんてあり得ないのです
不貞夫との戦いをしなければおかしいのです

恋人の時の浮気なら、

『こんな男サヨナラ』
『二度と会う事はない』
『もうこっちから願い下げ』

という自分です

それが今は

『私が悪かった、ごめんなさい』
『あなたの事をわかっていなかった私がバカ』
『あなたに嫌われて当然、私はなんてダメな奥さん』

と、アホな事を言っているのです
それもこれも、おままごと夫婦をしているからこそです
恋人の時の自分なら、少なくとも浮気を許せないという思いでいたのです
それを今に置きかえると

‘不貞夫との戦い‘

にならなければおかしいのです

そうでなければ夫婦という関係は上辺だけで、とにかく続けている事に意味がある
という事です
自分の中では結婚は一大決心だったはずです

本当にそうであれば、腑抜けの夫に対して

『私がこのバカな夫を正す』
『妻としてあり得ない事を思い知らせる』

という戦いにならなければおかしいのです
そこからしっかりと自分の思いが、中途半端ななあなあな妥協から

『これは妻のプライドを賭けた戦い』

というモードに変わるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら