木村泰之のアドバイスは思考の轍からの脱却だから最初違和感がある

 

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、多くの相談者が陥る
穴があるわけですが、そこに気付くにはどうしても自分だけでは抜けられない事
が殆どです

私がお話しする内容は、相談者も話が半分しか入らないのです
なぜかと言えば、木村泰之が

‘自分の思っている反対‘

を言うからです
なぜ反対を言うのかと思うかもしれませんが、それは相談者が感じる事です
私からすると、世の中目線の事を伝えているのです
しかし相談者は正直、夫が人生というか日々の行動基準だったわけですから

その夫の言う事はある意味

`絶対`

に近いものがあります

『夫に逆らうと大変な事になります』
『夫が怒ると怖いです』
『何を言っても私は負けてしまいます』

という言葉が出てくるのです

その言葉の裏には、不倫をなあなあにせざるを得ないという関係性を物語っている
のです
そう考えると、それまでと同じ事を続けていてはいつまでも不倫は続きます

カウンセリングではその状況をわかっているわけです
そうなれば私のアドバイスは相談者にとって、

‘今までと同じ‘

でいいはずがないのです
言い換えると

‘相談者に違和感のあるアドバイス‘

になるのです
今までの夫に依存している状況からすると、違和感があるのは当然です

『こんな事をやっていいのだろうか』
『これをやって夫婦がおかしくないのだろうか』
『今までやった事がないけど大丈夫だろうか』

という心境になるのです

しかし、それをやらなければ昨日と同じ今日が続くだけです
例えるならば、利き手でやっていたものをいきなり反対の手でやるようなものです
同じ手ばかり使っていると、反対の手では同じようにはすぐにはできません

使い慣れた方でやりたい癖がついています
しかし、それでは左右均等にならないのです
自分の脳に刻まれている

‘思考のわだち‘

を何千回何万回と通っても、何も変わらないのです
そこから

『こんな事やった事がない、でもこれが今の私に必要なはず』

という感覚を脳に刻むのです
それをやるには最初は違和感が出るのです
それも百も承知で私もアドバイスします

しかし、慣れてくると

『今まで同じ事ばかりやっていたから苦しかった』
『違う発想を取り入れなければ、いつまでも同じ状況を続けるだけだった』

という言葉が出てくるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら