不倫はブス女と夫の共犯でしかないのに男が悪いという風潮の罪

 

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、夫の不倫というものは
世の中で毎日どこかで発生しています
その事象は相談者からすると

‘夫の不倫‘

ですが、世の中からすると

‘アホな男女の不倫‘

です
何が違うかと言えば、一人の悪事ではなく二人の悪事という事です
相談者にとってみれば

『夫が不倫している、どうしよう』
『こんな事はあり得ない、夫に限ってあり得ない』
『あの人がするはずがない』

という思いです
つまり不倫をしているのは夫だけというような錯覚です
しかし、現実はブス女が不倫の登場人物にいるのです
そのブス女というのは、相談者と同性の女です

不倫の見方については世の中も悪いのですが、どうしても男の悪事という捉え方です
ブス女は男の被害者的な扱いもするメディアも少なくない

『不倫は男の方が悪い、相手の女性もかわいそうかも』
『不倫は男がやめなければ、いつまでも続いてしまう』
『相手の女も悪いけど、男の方がずるずると引き込んでいる』

というように、不倫の当事者に何だか加害者と被害者を作っているのです

こんなバカな話はないのです

それをカウンセリングの中で相談者にも説明します
そもそもブス女が被害者なワケはない
それはブス女の自作自演でしかない

夫の方から

『俺は女に強姦されたんだ』

というはずがない
体格的に見ても、ブス女が弱者を装うのです
この二人の中では被害者と加害者でも、世の中は同じ罪があるだけです
それを男のほうだけスポットを当てているからおかしくなるのです

本当の被害者は妻であり子供であり周りの人で、本当の加害者はこのバカ二人です
だからこそ、オレオレ詐欺と変わらない
陰で指令を出している親分も、受け子の子分も同じ犯罪者です

被害者は騙された人です
ブス女が被害者面しても通用しないのです
そこを掘り下げていかなければ、この不倫というのは周りから見る以上に

‘ブス女親分夫子分‘

の構図なのです
それを最初わかっていない私の相談者も、時間の経過と共に

『言われた通りでした、うちの旦那なんてこの女にかかれば赤子同然でした』
『ブス女がコントロールしているなんて思いもよりませんでしたが、本当にその通り
でした』

という言葉が出てくるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら