自分自身の証明は夫婦や妻ではなくまず社会の一員である事にある

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者には何かにつけ
自分の言っている事や考えている事を、客観的に捉えるのは難しいのです
それもそのはず、そもそも夫婦に客観性がそれほど必要ではなかったからです

『私は夫と幸せに暮らせたらそれでいい』
『私は愛している人といつまでも一緒にいるだけ』
『私には夫がいる、それだけで私は安心する』

というような自分がいます

そこには他人の夫婦との比較や情報など必要になる事は殆どないのです
それはそれでいいのです
しかし、そこから一変して夫の不倫が出ると

`私は拠り所を失った`

という心理に陥るのです

それは客観性を欲している裏返しです

『こういう時に私はどうすればいいのだろうか』
『何から手を付けたらいいのだろうか』
『私はどういう人に見えているのだろうか』

というような思いに駆られるのです

そこで初めて自分の夫婦を少し離れて見なければいけないと思うのです
その夫婦間ではどうしようもない事を、世の中で見つける事が大事です
夫婦で何でもかんでも解決する事ばかりではない

それをカウンセリングの中でお話しすると

『私の人生は夫婦が全てでした』
『私の中では夫についていけば大丈夫という事だけでした』
『夫が私を裏切りなんて思ってもいませんでした』

という言葉が出てきます

そこは多くの世の中目線を脳にインプットしたからこそです

自分が自分であるためには、必要な事は夫婦である事ではない
社会の一員である事です
夫婦である事が自分の人生と勘違いすると、本当に夫がおかしくなった時には
何もできない自分になってしまうのです

そこから自分の中に人生の意味を見出す事が、カウンセリングの中での大きな
テーマです
決して夫や夫婦に自分を薄めてはいけない

自分の意思や行動は自分のものです
夫や夫婦にはその自分がまずあって、その次に出てくる事です
それをはき違えいてた自分をやめるのです

相談者にも

『自分がどうしたいかを取り戻すところからですね』

という、自戒の念が出てくるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら