夫の不倫は夫婦は会話や言葉に頼ってはいけない関係と気付く転機

 

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私が相談者との
セッションを重ねていく中で、もろもろの事が同時並行で起こるわけです

『アドバイスはわかりましが、今日夫にはどういう態度をすればいいですか』
『夫にはこの話をしていいですか』
『私が何を言えばいいのかわかりません』

というような言葉が出てきます

それに対する私の返事は基本的に

`話をしない`

もしくは

`話を聞くだけ`

です

なぜそうなのかと言えば、不倫している夫との会話は相談者にとって何もいい事は
ないからです

夫は

『早く離婚を進めよう』
『俺とお前は終わっているから』
『何を言っても無駄』

という態度で、とにかく離婚や別居に踏み出す言葉を待っています

そこに話をして

『私は離婚する気はない』
『もう一度しっかり話合いましょう』
『私たちはわかり合えるはず』

というような言葉を投げかけても、正直時間とエネルギーの無駄です

夫は陰に隠れるブス女の言葉を刷り込まれているので、いくらでも言ってきます
その実態がわからないままで、ただただ何か話さなければという強迫観念に囚われて
いるのです

しかし、相談者自身はそんな事もわからないのですから

『何を言えばいいのだろう』

と、会話をする事だけを考えてしまいます

そういう状況に

`夫の様子を窺う`

という発想を持ってもらうのです

それは相談者にとって非常に重要な事です
会話だけにとらわれていると、気が付けば夫とブス女のペースです
そこに夫の様子を窺うという意識で接していると

『かなり焦っている』
『勢いだけで話を進めている』
『夫の言葉ではない』

という事に気付いてきます
そこには、多くの相談者が会話をしなければ夫の気持ちが離れるという誤解を
していた自分に気付くのです

そこから、形式ばかりを気にしていた夫婦を思い浮かべるのです
会話は言葉が必要とか、何か意思表示してくれないとわからないという固定観念
があるという事です
その自分では夫の事なんてわかるわけないのです

夫婦には相手を読む力がいるという事です
それを身に付けるには、言葉に頼らない自分が必要なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら