ブス女への慰謝料請求を弁護士を使わず自分でやる意味がここにある

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の不倫で悩んで探偵に調査を依頼して、そのまま弁護士に聞いてブス女に
慰謝料請求をしている相談者も少なくありません
もちろんそれはそれで意味がある事ではありませんが、何のためにやっている事か
よくわかっていない方が多いというのも現実です

慰謝料請求をしている最中に、私の所に相談に来る事がそれを表しているわけです

『探偵に高額な調査料金を払って、その後紹介された弁護士に慰謝料請求できると
言われて頼みましたが、そこから相手の女も弁護士を立ててきて止まったままです』

というパターンです

そして、そのブス女は間違いなく夫とは水面下でやり取りをしている事も相談者も
察知しています
しかし、相談者自身が話しできるのは自分が依頼した弁護士だけです

その自分の弁護士は

『慰謝料請求とはこういうモノですから』
『相手の女には接触しないでください』
『夫と女がやり取りしているかもしれませんね』

と、まるで他人事のように話します

要は弁護士は金をとる事だけ頭にある人種です
ブス女と夫が不倫をやめるかどうかなんて、正直頭にありません
依頼者に少しでも慰謝料が多くはいる事、いや自分にいかに多くの報酬が入るかを
考えています

もちろん最初は

『ご主人もバカな事をやめてくれたらいいですけどね』
『内容証明を送ると、ビビッてやめるケースもあります』
『慰謝料をしっかりとれば、二人も反省して別れてもおかしくないです』

と、不倫をやめて欲しいという相談者に希望を持たせます
しかし、あくまでもそれは逃げ道を作って可能性があるという事を言います
弁護士は決して断言しませんし、謝る事もしない人種です

それは、自分が不利になっては商売あがったりだからです
そういう意味では、相談者が不倫をやめてくれるための慰謝料請求という位置づけを
うまく

`物は言いよう‘

という形で委託契約を締結します
そして、法律にはあまり詳しくない相談者は

『これで二人は別れてくれるかも』

と、望みを弁護士に託しているのです
しかし、弁護士というのは正義の味方でも何でもありません
相談者の弁護士から内容証明が届けば、ブス女は

『どうしよう、奥さんから慰謝料請求が届いた』

と夫にすぐに伝えて

『大丈夫だ、俺が弁護士を探すから』

といって、結局このバカ二人の結託を強めるだけなく弁護士を立ててくるのです
つまり、このバカ二人にも味方する法律家がいるのです
そこに自分が依頼した弁護士が圧倒的に優位になるはずがない

もちろん証拠さえあれば、いくらかの慰謝料は入ります
しかし、離婚を伴わないばあいであれば、せいぜい100万円出ればいい方です
私の感覚では数十万円です

その中で弁護士の着手金や成功報酬を払っているので、結局トントンの話です
それでこのバカ二人が別れるのであればまだ意味があります
しかし、結局夫がブス女のために弁護士を準備するという事はブス女が

『自分のために動かしている、私を守らせる男になっている』

と、思う壺になっているという事です
そういう流れを弁護士もわかっていますが、それを言うと仕事が減りますから

『慰謝料請求をすると別れる事も十分あります』

としか言わないのです
それを聞いて、相談者も別れて欲しい一心で

『別れる事につながるのから、お願いしよう』

となり、結果は全然違う方向に行きます
その想像していた事と違う結果に弁護士は謝るわけでもなく逆に

『こんな夫なら慰謝料取って、離婚したらいかがですか』

と、さらに自分が担当してあげるからその方がいい位の事を言うのが弁護士です
それ位、倫理観で動いているのではなく報酬の多寡で仕事をしているのです
もちろん、そういう弁護士ばかりではありません

依頼者のために動いてくれる弁護士がいるのも確かですが、やはり少数です
ここで大事な事は弁護士が悪い面もありますが、そもそも弁護士はそういう人種という
事をわかっていないまま、勢いで契約している所に問題があるのです

私の相談者の殆どは、弁護士に依頼せずに慰謝料請求を自分でします
なぜなら、そこにはやってはいけない事が殆どないからです
慰謝料請求は被害者である相談者の大事な権利です

その権利の行使を弁護士という代理人に預けてしまうと本当に自分の納得が小さい現実
があるのです

ふざけた事をしているブス女に、正妻として自分のプライドを自分のやり方でぶつける
事に大きな納得があるのです
それを多くの相談者に実感してもらうために、カウンセリングではその対決のやり方を
具体的にアドバイスするのです

それをやった後の相談者の気持ちは、非常に強くなっているわけです

『こんなバカな事をしている人間に、私が堂々と戦うのは当然』
『ブス女のビビった顔を見て、私はやってよかった』
『もし弁護士に任せてしまったら、私はこのバカ二人をもっと結託させていたはず』

という言葉が出てくるのです

最初は私のお話しする作戦を聞いて、怖いとか無理と言っていた相談者が

『本当に平和ボケしていました』
『自分がぬるま湯に浸かって夫婦を続けていただけでした』
『これを自分でやらなかったら、今頃私は離婚していたと思います』

と、本当に情けない自分になっていた事を想像するのです

それと同時に、現実から逃げずに自分の納得する方法で慰謝料請求をした自分に

『自分で自分を好きになれます』

という言葉が出てくるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら