不倫夫との修復はしっかり生きてきた女性を見せる強さが必要

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

浮気した夫に悩む相談者とお話ししていますと

夫の事を考え出すと、男だけに自分の思考や

習性と全く違うので、混乱はとどまるところを

知らない状態になります

ましてや、この状態を誰かに話せるかと言えば

それも難しいので、一人ネットで自分の苦しみを

楽にできる事を探します

しかし、そこに書いてある事はだいたいやった事

が無いことばかりです

‘夫を明るく迎えましょう’

‘朝も笑顔で、今日もまっているね’

‘いつもきれいに、女らしく’

‘夫が右を向いたら右を、うなずいたらうなずいて’

‘対面ではなく隣に座って、気持ちが伝わるように’

など、本当にこれで夫が戻るなら、頑張ろうという

事しか頭にありません

その結果は、私の相談者が教えてくれます

もちろん、こういう対応で夫が優しくしてくれる

ようになるケースもあるでしょう

しかし、夫の浮気は少なくとも夫、妻、女の3人が

登場人物です

妻からすれば、女の存在は不本意ですし、できれば

何もしたくはないのですが、夫へのアクションだけ

では、女は野放しなのです

仮に、夫が優しくしてくれていても、水面下で続く

女からすれば

‘私に責めて来ない分、楽だわ’

‘奥さんは結局は何もできないんだから’

と、陰で思っているのです

相談者にとって、本当に大事な事は

‘夫婦を壊さない事‘

ではなく

‘自分の納得する夫婦を作る事‘

のはずです

陰で女が寄生している夫と、

‘形だけ夫婦を続けていて意味があるのか‘

という自分になれるかです

もちろん、これは考え方であって、

‘それでもいい、夫婦を荒立てずに続ければいい‘

という人もいるでしょう

しかし、

‘それでは自分の人生が何なのかよくわからない‘

と思う人は、夫に対して自分はちゃんと親に育てられ

しっかり生きてきた女性という事を見せて、正す行動

を取るべきなのです

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA