コロナもクスリ中毒も不倫も原因を正さなければ解決しない

夫婦カウンセラーの木村泰之です

世の中で数多く発生する夫の不倫をいろいろな事象に例える事で、相談者が理解
しやすくするように意識しているわけです
その例えはコロナウイルスだったり、クスリの中毒や凶悪犯罪などです
それらも原因を正さなければ状況は変わらないのです

要は不倫を夫婦問題にしてはいけないという意味を込めているのです
上記の例えは、決して妻である相談者は加害者ではなく被害者でしかないという
事を表しているのです

『お前が悪い、俺をわかっていないだろう』
『お前にはもう何も愛情はない、早く別れてくれ』
『俺たちはとっくの昔に終わっている』
『お前もわかっているだろう、時間の無駄だ』
『頼むから俺を開放してくれ』

という、とにかく犯人が被害者を演じているのが不倫です
コロナウイルスもクスリ中毒も凶悪犯罪も、とにかく周りの人に被害を与えて
いる事象です
しかし、

『私が悪かった、ごめんなさい』
『私も反省してやり直したい、一緒に頑張りたい』
『あなたをわかってあげていなかった、ダメな妻』
『こんな事になるなんて、私が至らない奥さんだったからだ』

という、加害者モードになっているのです
本来であれば有効なワクチン、中毒から抜けるプログラムや犯人を捕まえる事
を考えなければいけないのと同じで、不倫も

『この元を絶たなければいけない』

という思考が必要です
しかし夫とブス女は妻を加害者にして、そこに辿り着かせないようにしている
のです
要は夫は妻が犯罪と気付くのを恐れているのです

不倫は夫と妻が夫婦の仲で何とかする事でも何でもない
夫が踏み込んではいけないゾーンに好奇心で入り込み、そこに待ち構えるブス女
にがんじがらめになっているのです

そこに妻が一人夫の顔を引っぱたいたり、泣いたりわめく位で夫の目が覚める
わけはないのです
その悪事が発生する根源をどうにかしなければ、状況が変わる事はないのです

それを心の底から理解してもらうには、そういう例え話を用いるのです
しかし、それでも長年染みついてる

`夫は間違いない教`

の熱烈信者の相談者には、何度も何度も言い続ける必要があります
それを重ねている中で、ある時ふと

『え、私は何をしていたんだろう』

と、洗脳が解ける時が来るのです
その時こそ、夫の不倫なのに夫婦の問題にすり替えられていた安い妻に気付く
のです

『夫がこんなバカだっとは』
『私は本当に情けない妻に成り下がっていた』

という思いを強くするのです
そこに辿り着いてからが本当に自分の人生を主体的に進めるスタートなのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら