不倫脳夫に‘なぜ‘‘ではなく‘みっともない‘という自分がいるか

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫には多くの相談者である妻の思いはどういうものか
それは喪失感であり、焦燥感でもあるはずです

『なぜこんな事をするの』
『私はこれからどうすればいいの』
『一人では何もできない、助けて』
『夫に嫌われたくない』
『何とかしたい、修復したい』

という、すがるような必死の思いです
決して

『本当にみっともない、情けない』

という言葉は出てこないのです

しかし、これが恋人の時であればどうか
彼氏の浮気に同じような思いになるのかと言えば、全く違うはずです

『もうこれで会う事はない』
『絶対に許さない、あり得ない』
『私を何だと思っているの、もうこちらから願い下げ』

という思いです

それは取りも直さず

‘自分のプライド‘

がそうさせているのです

そのプライドは特に意識しているモノではなく、自分のそれまでの生き方が
勝手に出しているのです
それが結婚した後の夫の不倫では、すっかり影を潜めているのです

潜めるどころか、夫に強く出るなんてとんでもないという思いさえも出てくる
わけです
そういう自分と、一生付き合っていくのかという事です

相談者はとにかく夫と自分の関係性しか、考えられなくなっているのです
しかし、人生で最後まで付き合うのは自分自身です
いつかは夫との別れは来ます

しかし自分は最後までいつもいるどころか、逃げられないのです
そのごまかせない自分をごまかしているのです
自分にウソをついたり、無理をして人生を進めるられるのか

それを言葉にすると、夫には百歩譲っても

『みっともない事をしているんじゃない』

を最低限言わなければいけないのです
決して

『あなたをもっと大事にしておけばよかった』
『私がだめな奥さんだった、ごめんなさい』

ではないのです
そういう自分を忘れている自分を取り戻してもらうのが、カウンセリングです
そこには多くの思考の矯正が必要なのですが、一番のポイントは

‘夫婦の捉え方‘

です

夫婦は決して保険でも何でもないのです
夫が自分を守ってくれるなんて、バカな事を考えている自分をやめるのです
平和ボケの自分をとにかく捨てるのです

そこからが全ての始まりなのです

『夫を軽蔑しない自分を私は認めない』

という自分が必要なのです

夫と自分は対等の関係であるからこそ

`媚びぬ、引かぬ、謝らず‘

なのです

対等であるからこそ、バカな事をしている夫に軽蔑なのです
それでこそ夫婦の意味があるのです
そういう見方が、それまで成長が止まっているどころか退化していた夫婦や自分が
少しずつ前に進み始めるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら