安倍政権は内閣支持率で夫はブス女の機嫌が行動基準

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫で相談者が苦しむ要因の一つに、夫の態度が変わる事があります
ある時には、本当に冷たくしているかと思えば翌日は一緒に買い物に行ったり
食事に行って普通に過ごすような事もあるのです

そういう真逆の態度を取る夫に

『もう不倫は終わったのかも』
『今までの夫に戻ってくれたのかも』
『私の事を大時にしてくれるのかも』

と淡い期待をしてしまいます
するとそこに

『もうお前とは無為だから』
『早く別れてくれ、離婚してくれ』
『何で俺を苦しめるんだ、もう楽にしてくれ』

と、奈落の底に突き落とすような言葉を投げてきます
それを見て

『本当の夫がどれだかよくわからない』
『私はどの夫を信じたらいいの』
『夫は何を考えているの』

と、頭の中が混乱するのです

そういう状況に多くの相談者が悩んでしまうのです
それはなぜかと言えば、

‘ブス女のコントロール‘

に尽きるのです

夫はブス女を満足させた後はしばらくブス女をが大人しくしているので家族に
集中できるのです
しかし、ブス女が

『奥さんに優しくしていないよね』
『私の事をどうするつもりなの』
『私と奥さんどっちを取るの』

と首元にナイフを突きつけるような態度を出すと、夫は、すかさず

『もう俺たちは無理だから』
『俺には時間がない』
『お前には愛情はない』

と、ブス女に忠誠誓っている状況になるのです

例えるならば、いい例が安倍政権です
内閣支持率がいい時には調子に乗ってふざけた法案を通そうとしたり、桜の会等
で国民の大事な税金を勝手に使ったりする
逆に支持率が急落すると

『国民の皆様の命を守るのが私の使命』

と言って、アベノマスクやわけのわからない助成金を作って支持率を上げようと
するの変わらないのです

要は自分の信念ではなく、国民の支持率だけが関心事の安倍政権と同じで

‘ブス女の機嫌‘

が言動の根拠なのです
それがわからないうちには、

『何でこんなに急変するの』
『一体何をどうしようとしたいの』

としか映らないのです

そこから、アホな安倍政権と夫を重ねてみれば

『結局安倍総理と同じで夫も自己保身で動いているだけ』

という事が明確にわかってくるのです

そこから、夫を動かしている大元のブス女にターゲットを絞らなければいけないと
気付くのです
夫はブス女の子分でしかないという、木村泰之の言葉を思い出してもらうのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら