旦那どうでもいいという言葉に隠している夫への依存を払拭する

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫には、妻である相談者は何をしても自分ができる事が状況を好転できず
空しくなるという心理になります
そうなると、

『旦那なんてどうでもいい、私はもう何もしたくない』
『夫の事はどうでもいい、私は夫婦に希望も何もない』
『主人の事はどうでもいい、何も安心させてくれない』

という、夫婦や夫には投げやりな自分が出てきます
それはそれである意味仕方がない事ですが、そう言葉にする裏に

‘夫に期待する自分‘

がいるのです
要は夫にはどうでもいいと言いつつ、

『私の事を最後には見捨てないよね』
『私を守ってくれるよね』
『私は信じていいよね』

という、甘い自分が同居しているのです

しかし、それを甘いとは思っていない自分です
むしろどこかで

‘夫を試す自分‘

がいるのです

実はそれが一番厄介なのです
そもそも不倫されていて、夫は自分を見捨てないはずと試そうとしている自分が
いる事自体、甘く見ているのです

普通であれば

『こんな事絶対に許されない、あり得ない』

という、怒りが出なければおかしいのです
それよりも夫の自助努力というか、目が覚めるのを待つような自分には

`夫以上の自己保身`

しかないのです

そこに気付いてもらうのがカウンセリングです

『ブス女に振り回されている夫、その夫を過信している妻で未来がありますか』
『夫と妻に倫理が希薄になっているのですよ、わかりますか』
『アホになっている夫頼りの妻で、夫婦のどちらが状況を正せるのですか』

というように、

‘旦那どうでもいい‘

の深層心理からくる、夫婦の実態を解説します
それを聞いた相談者も

『結局夫待ちになっている自分がいるのですよね』
『夫どうでもいいと言っても、本当は良くないと自分でもわかっています』
『夫が自分に関心を持ってくれない事を、私が言葉にしているんですよね』

という、本心を吐露します

そこからこんな事を言っている場合ではなく、自分をどんどん変えていく事がまず
先という事を理解していきます
夫を変えたい、しかも自分が傷つかないようにという思いを払拭するのです

自分が楽になるには、自分が強く変わるしかないのです
そういう自分の意識が、少しずつ人生に希望をもたらします
夫がどうのこうのではなく、自分が納得しているかどうかが全ての行動基準です

それをこの苦しい夫の不倫という理不尽の中で、処世術として身に付けるのです
そこにたどり着いた相談者には、もれなく笑顔が出ているのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら