嫉妬とコンプレックスに狂うブス女の考えている事を伝えるのが木村泰之

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者にとって、どうしても自分の思考が乱れてしまう日々が
続くのは当然の事です
なぜなら、それはあまりにも想定外の事だからに他ならないのです

相談者の中には、結婚する時に不倫だけはしないで欲しいと約束し

『俺はそんな事はしない』
『絶対に幸せにするから』
『俺は君しか見えない、だから結婚してくれ』

と夫が答えているケースもあります

要はそういう相談者にとっては

‘キッチリ約束している‘

という事が破られているという、茫然自失の状況になっているのです

それは人生を預けた人間に、後ろから銃で撃たれた様なものです
それほどの突然の裏切りに、誰だって冷静にいられるはずがないのです
しかし、その状況をいつまでも続けているわけにはいかないのです

夫とブス女は誰かにとがめられるまで、この不倫をやめる意思は希薄です
その誰かという一番手は、言わずと知れた妻です
ブス女にとって、一番怖い存在は妻です

なぜなら、

『この不倫を奥さんが知ったら、もしかしたら慰謝料請求されるかも』
『奥さんに知れたら、絶対に恨まれるだろうな』
『奥さんには私は何も言えない』

という心境であり立場です
しかし、それを持っていてもやめないのは、こういう状況で妻に対する

‘嫉妬とコンプレックス‘

が、倫理観を大きく上回るからです

『奥さんには悪いけど、私の方が愛している』
『私の方が彼を幸せにできる』
『好きになったんだから仕方がない』
『奥さんはもう十分幸せだったでしょう、もういいでしょう』

という、本当にクロをシロにする常軌を逸した思考しかないのです

こういう時のブス女は、妻への罪悪感を夫への歪んだ愛情で打ち消しています
と言いますか、世の中のルールなんて全く無視しています
そのいびつな頭の中では徐々に

‘夫への支配欲‘

が出てきます

『この人が私を選ぶようにすれば何ら問題ない』
『離婚すれば丸く収まる』
『私が取ったのではなく、この人が奥さんを捨てた』

という、本当にふざけたストーリーを描くのです

だからこそブス女には何躊躇なく、毎日夫を引っ張る執着が出ているのです
その状況を知るには、相談者一人ではなかなか難しいのです
そこからカウンセリングの中で、相談者の夫だけの視野をブス女まで広げる
作業を続けるのです

『夫だけ見ていた自分では何もわからなかったです』
『ブス女はそんな事を考えて生きているんですか』

という言葉が出た時には、相談者である妻が不倫の構図を悟る時です

そもそも不倫は寝耳に水という悪事でしかありませんが、気付く前にブス女
の邪悪な心理が大きくなているという実態を知らなければいけない
それをカウンセリングでしっかりと理解してもらって戦うのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら