夫の不倫で‘夫婦のルール<世の中のルール‘の当然を思い出す

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に相談者が苦しい状況に陥るわけですが、相談者の心理を紐解くと
どういう事を考えているのか
その行きつく先について、具体的にお話しします

まず夫がおかしくなると、その後に

『俺にはもうお前とは無理だから』
『何で離婚しない、こんな状況で俺たち無理だろう』
『俺には時間がない、早くしてくれ』
『こんな事をいつまで続けるんだ、こうなったら調停だ』
『俺の事を苦しめて、そんなに嬉しいのか』

というような言葉が出て来ます

その言葉を聞くと、

『私が夫を苦しめているのかも』
『私が引けば、夫は幸せになれるのかも』
『私が離婚しない事が悪い事なのかも』

と、自分の中で

‘正しいのは夫で誤っているのは妻‘

という、刷り込みをされているのです

そうなると、夫婦の中には夫の作った被害者加害者の構図ができるのです
しかし、そもそも不倫というシロモノは当事者が加害者で妻が被害者です
それは法律の上で不倫という行為は

‘共同不法行為‘

という用語で定義されています
その中では、夫は加害者であるから

‘有責配偶者‘

という、離婚の権利をはく奪された立場になるのです
また、被害者の妻には

‘慰謝料請求権‘

が夫とブス女に対して有する事になります

それもこれも、日本の法律で制定されている事です
言い換えると、法律で決まっていなければ相談者が一人騒いでも慰謝料請求
はできないわけです

そう考えると、夫が勝手に言う被害者加害者と世の中のそれは当然真逆です
しかし、相談者は世の中の基準を忘れて

『夫がそう言うなら私は従うしかない』

という、半ば強迫観念に囚われているのです

要は夫と自分のルールというか習性が、世の中のルールより優先させている
のです
そこに多くの不安を作っている根源があるのです

カウンセリングの中では、その世の中から外れているという実態を指摘する
のです

『不倫している夫の言葉を真に受けている事が、その不安を大きくしている
のですよ』

という相談者の心理を解説するのです
不安の元が判明すると、そこから

『私が世の中から外れていた事がよくわかりました』

という事を言葉にします
夫という夫婦関係のルールよりも、世の中のルールを優先させる事を当然に
すれば、その不安が解消する事を知るのです


無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら