夫に裏切られた感は自分の中の夫婦への慢心が増長させている

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者にとっては、多くの事が苦しいのは確かです
その中でも

‘夫に裏切られた感‘

が非常に大きくのしかかっています

その感覚というのは、今までの人生で一番信用していた人に裏切られたという
ものです
言うなれば、味方に後ろから鉄砲で撃たれたようなものです

それを撃っている夫は

『ただ俺は俺の好きな事をしたい』
『家族に迷惑はかけていない、金も入れているし』
『俺には俺の人生がある、家族にはもう今まで尽くしてきた』
『俺はもうお前とはムリだから』

という夫からの罵声や暴言のような態度に翻弄されてしまい、

『私の結婚は何だったのか』
『夫にとって私はどういう存在なのか』
『夫が私をどう思っているのか』

という、夫目線の自分しか頭になくなってしまうのです

それは結婚した時の男と女の思考の差も影響しています
男にとって結婚は

『結婚したい、この人と結婚したい』

と、いわば先制攻撃をする立場です
一方女の方は

『結婚してほしいと言われたから、ハイと言おう』

と、待っている立場です

その中では、女の方がある意味優位な立場です
男のプロポーズを受け入れる側、承諾する側だからです
そういう女の方がウンと言う事でスタートする結婚が多いのです

そして結婚する中では、どうしても自分の方が

`準備されている感‘

が、夫との間には流れます

『夫がやってくれるはず』
『夫にお願いすれば大丈夫』
『夫に言えばいい』

というように、どこかで結婚を受け入れた側の慢心もあるのです

その中で、夫がその妻の慢心を見抜いて

『ちょっと遊びなら大丈夫』
『俺も少し自分の時間が欲しい』
『一回だけならなんてことない』

と、妻が警戒していないのをいい事にブス女との密会を始めるのです
もちろん最初からそういうつもりでいたわけではなくても、どこかでは

『夫婦に別に不満はないけど、このままの人生では面白くない』
『夫婦は倦怠期だし、こんなチャンスがあるなら』

というヨコシマな思いが首をもたげて出てくるのです
そんな思いを見抜けるはずもなく、

『夫婦はうまくいっている、何も問題ない』
『ケンカする事はあっても、助け合っているから大丈夫』
『この前も旅行に行ったし、夫婦は円満』
『取り立てて問題はないけど、何となく淡々と過ぎている日々』

という時に、起こるのが不倫です

その夫の首をもたげているのは、裏切り以外の何物でもありません
しかし、当の夫はそれほど罪悪感がないのは

‘希薄した夫婦の関係性‘

が大きく関わっています
その夫婦の普通を当たり前のモノとしている自分だからこそ、

‘夫に裏切られた感‘

が大きいのです

つまり、夫が舐めている事以上に自分の慢心もその裏切られた感を大きくしている
自分の中に最大の敵がいるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら