不倫夫の脳の中は「悪貨が良貨を駆逐する」現象が起こっている

不倫脳は`悪貨が良貨を駆逐する‘状態

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

夫の不倫を相談者を通してアホな事として見ているわけですが、

そのアホさをわかりやすく説明するのもカウンセラー木村泰之の重要な役目です

わかりやすく説明するには何かに例える事が一番いい方法です

 

不倫夫の脳の中は「悪貨が良貨を駆逐する」現象が起こっている

不倫脳夫は

`クスリの中毒患者`

と言っていいのです

 

クスリの中毒患者は、当然ですが昔から中毒患者ではありません

もしそうであれば、そもそも相談者が結婚しているはずはありません

要は中毒になるきっかけがあるのです

 

そのきっかけというのは、好奇心やストレスや社会から逃げたい自分などの条件が重なっているわけです

その条件が重なっているとこに、ネットで調べた売人との接触があるのです

 

条件や売人との接触のいずれもが、人知れず行っている事です

そういう社会や家族とは全く関係ない

`自分の世界`

を作っているからこそ、気が付くと中毒患者になっているのです

 

中毒の世界に入り込むと、表も裏も見境がなくなってしまう

その世界に入り込むと、表も裏も見境なくなってしまっているのです

いや、表と裏が逆転してしまっていると言った方が適切です

 

それは脳にクスリという非常に強い刺激が入る事で、それ以下の刺激は

  • 『何をしても面白くない』
  • 『普通の事がバカらしい』
  • 『もっと強い刺激が欲しい』

と脳の中で司令を出し続けます

その要求はクスリを入れたら入れる分だけ大きく、期間も短くなります

 

人間何でも慣れは恐ろしいもので、最初は

『こんな事をすると自分はどうなってしまうのか』

という不安がありますが、一旦それを越えてしまうと

  • 『一回も二回も同じ事、別に大したじゃない』
  • 『見つからなければいい、それだけの事』
  • 『こんな事は他の人間もやっている、俺はストレス解消に必要だからやっているからOK』

と、自分で自分を騙しにかかるのです

 

その時には、倫理や道徳をつかさどる脳の前頭葉部分は萎縮してしまっている

脳も

`悪貨が良貨を駆逐する`

現象が起こっているのです

 

その状況を想像できる自分に変える

不倫はそういうクスリの中毒と何ら変わらないのです

クスリ中毒の人間はニュースで見るくらいかもしれませんが、

不倫は世の中にいくらでも転がっているのです

 

それを知ってもらうために、カウンセリングの中で

『夫の不倫はクスリ中毒と同じ、売人がブス女なのです』

と、読み替え作業をするのです

 

そこから

  • 『不倫を夫婦の深刻なケンカのようにしていました』
  • 『私が謝って何とかするしかないと思っていました』

と、中毒患者にそんな事をしても意味がないという感覚で理解するのです

 

You Tubeでの解説もありますので、併せてご覧ください。

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

 

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

 

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための心理カウンセリングを行います

 

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら