安倍晋三は国民で不倫脳夫は家族の批判から逃げる同類なのです

逃げる不倫脳夫

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者にとっては、何かにつけて夫の意固地に負けている状況
が続く事で、弱っているケースが非常に多いのです
その夫の意固地は今のアホな安倍政権に似ているところがあります

コロナウイルスの鎮静化を正直失敗しているにもかかわらず、非常事態宣言も
出さなければ、金も出さないという姿勢です
おまけに安倍晋三は全く国民にも自分の意思を表明する事なく、アホな大臣に
任せきりになっている

それは正直

‘国民の批判‘

を怖がっているからに他ならないのです

アホな夫も自分の不倫を隠すために、家族とは距離を取ってダンマリを決め込む
態度を出すだけです
そして、何か口にする時には妻の批判しかしないのです

安倍政権も小池都知事の揚げ足取りをしている時と、野党のバカな質問に答える
特だけは勇ましいのです
結局は自己保身をしている情けないオッサンたちを、毎日テレビで見ているわけで
それは自分の夫も何ら変わらないのです

それをしっかりと理解してもらうのがカウンセリングです

夫の不倫は実は、多くの男の生き方の中で似たような事が形を変えて出てきている
不倫そのものではなくても、政治家であれば金や名誉に執着しているのです
芸能人でも結局人気にあぐらをかいていたり、ファンを裏切っても何とも思わない
ような裸の王様になっているのです

そう考えると、一般人の自分の夫がアホになるのは全然特別な事ではない
そういう政治家や芸能人に比べれば、失うものが小さい夫がバカな事をするのは正直
日常茶飯事なのです

私の相談者もそういう比較を、全然関係ないと思っている政治家や芸能人と精神構造が
夫と共通している事を知れば

『うちの夫がアホになっているのも当然、私がよく見すぎていただけ』
『政治家のような厚かましさはないけど、うちの夫もチンケな図々しさがある』
『芸能人に比べたら小さな男、でもアホさは変わらない』

というように、夫の特別感が

‘そこらへんに転がっている小さい男‘

に変わるのです

それは今まで自分が選んだ手前、そうは思いたくなかった自分がいるのです
しかし、現実を捕えれば捉えるほど

『大した事ない男、志の小さい男』

という事を認めざるを得ない
それをさらにブス女のアホさを知れば、

『よくもまあこんなバカな女と寝れるわ』

と、呆れるのを通り越して生理的に受け付けなくなるのです

そこから、夫婦をどうするのかは自分が決めればいいのです
それまではしっかりと勝手に持っていた自分の夫の特別感を拭い去る作業がいる
のです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら