夫の不倫は‘これ以上下がりようがない夫婦‘だから思いっきり動く

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者にとっては、何をしても自分ができる事は少ないという
事を感じています
その心理には、

‘夫に嫌われたくない‘

という前提があるからです

夫の機嫌を損ねない範囲で何かを行動しようとしても、誰が考えても大した事
はできるはずがありません
それを外さなければ、自分が納得する行動はできないのです

しかし、多くの相談者にとってはその

‘夫に嫌われたくない‘

という前提を頑なに持ち続けます

それを大前提にしている相談者の頭を、大改革するのがカウンセリングです

『私は夫に見放されていては生きていけない』
『こんな事になったのは私が悪いから』
『夫にはもう一度一緒に夫婦をやり直してほしい』

と、とにかく夫の機嫌次第で自分の人生が決まるというような心境です

しかし、そもそも相談者は悪事を犯している夫に嫌われる立場ではない
逆に夫を嫌う立場でなければおかしいのです
自分が勝手にその立場を逆転させてしまっているのです

それを正常の立ち位置に変えるためには、

‘〇ב
‘白黒‘
‘いい事悪い事‘

というような、対極にある事をはっきりと認識するところからです

相談者はそういう事よりも、夫婦の形式にこだわっているのです

『不倫はどうにかやめてもらって、また夫婦仲良くしたい』

という、甘く考えている自分を変えるのです

『自分が事を荒立てると、夫婦はますますおかしくなってしまうのでは』

という自分をやめるのです

なぜなら、誰がどう見ても不倫を続けている夫との夫婦は一番最悪な状況でしか
ないのです
つまり

‘これ以上下がりようがない夫婦‘

なのです

この状況ですべきは

‘思いっきり自分を変える‘

という事です

要は中途半端な事をしても夫婦が浮上する事はありません
今の夫婦はなにをしてもこれ以上悪くなる事なんてあり得ないのです
それを理解してもらうためにも、相談者には

『ブス女を絶対に叩かなければいけない』

という事を強くお話しします

それまでブス女に何かしようものなら、夫に逆ギレされるとビビっていた自分
がいます
しかし、そこから

『夫婦をおかしくした元凶はこのブス女、きっちりけじめをつけさせる』
『夫の逆ギレ上等、犬の遠吠えを聞いてやるわ』

というほどに、しっかりと自分が暴れるのです

それをやって初めて、夫婦というか自分の精神衛生が上がっていくのです
自分の状況がよくなれなば、夫婦の形式なんてどうにもなるのです
有責配偶者の夫がごちゃごちゃ言っても、離婚はできないのです

相談者が自分の意思で、離婚をするかどうかだけです
それ位、自分に権利も立場もある事をわかるのは吹っ切れた行動の後です
何もしなければ、何も変わらないどころかどんどん悪くなるだけです

しかし、動き出せば

『私が状況を変えている、私がビビっていたらバカ二人の思う壺だったんだ』

と、心の底からわかるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら