コロナウイルスと一緒で夫の不倫の不安を払拭するのは【実態を知る事】

現実を捉える

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

不倫夫に悩む多くの相談者にとって、そこから脱却するための最善の方法は何かを
カウンセリングでお話しするワケですが、それには相談者が不安になる事もお話し
する事も多々あるわけです

 

この不倫という事象は、多くの相談者が初めて経験する怖さがあるわけです
言うなれば新型コロナウイルスと同じで、一般人も医療従事者も含めて

 

夫の不倫は何を何をどうすればいいかわからないシロモノ

 

 

`何をどうすればいいかわからない`

 

シロモノです

 

その中で、

 

  • 『少なくとも必要な事は手洗いを徹底する』
  • 『日ごろ3密を避けて生活する』
  • 『体力のない高齢者や病人に気を付ける』

 

という、一般論を伝えるわけです

 

要はコロナウイルスの特性が掴めないから、

 

`これをやれば大丈夫`

 

が誰にも言えないし、ワクチンも完成するのに時間がかかるのです

 

その中で、コロナウイルスにビクビクしていても生活が成り立たないわけです

 

夫の不倫にビビっているだけでは何もできない

 

 

気を付けながら、

 

『しっかりとできる事はやる、感染したのではと感じたらすぐに保健所に連絡する』

 

と、ただただ何もできない状況から少しずつわかった情報を元に社会を動かしている

 

それと同じで、夫の不倫にビビっているだけでは何もできないのです

 

このバカ二人の実態を少しずつ知る事で

 

  • 『私には偉そうにしているけど、ブス女の前では後ろからついているだけ』
  • 『ブス女は本当にブス、正直ドン引きなんですけど』
  • 『夫とブス女のラインを読めたので、読んだら本当に花畑でバカらしくなりました』

 

というように、その実態を知れば知るほどビビっている自分がバカらしくなります

 

知らない事が一番の敵という事を心の底から理解

 

 

そこから今までの自分が

 

`知らない事が一番の敵`

 

という事を心の底から理解します

 

夫とブス女に水面下で好き勝手にされているうちは

 

『何が起こっているのかわからない、不安しかない』

 

という自分ですが、少しずつ真実を把握していくと

 

『こんな事だったのか、本当に腹立たしい』

 

という怒りと共に、自分の中で冷静さが出てくるのです

 

 

相談者がじっとしている状況を抜けてもらう行動アドバイスを送る

 

 

そこから不安が100%払拭できなくても、

 

『止まっていてはいけない、知らない事が一番不安を作る』

 

と、自分を奮い立たせて行動を続けるのです

 

それまでは私のアドバイスをおっかなびっくりに聞いていた相談者が、真実を知る
事で不倫に立ち向かう信念が出てくるのです

 

そこまで辿り着いてもらうためにも、相談者がじっとしている状況を抜けてもらう
行動アドバイスを送り続けるのです

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら