行動基準が倫理ではなく不倫夫の承諾に変わっている自分に喝

夫婦カウンセラーの木村泰之です

不倫脳夫の事をどうしても許せないという思いと、今までの思い出や記憶から
夫次第ではもう一度夫婦を頑張ろうという思いが混在する相談者は少なくない
わけです

その中でどうする事が大事なのか
それは前者の思いは〇×で考えている事です

『そんな事は許されない、会ってはならない事』
『それを見逃す私はいない、絶対に嫌な事』
『誰が見てもダメな事、それをやっている夫は何なの』

という倫理観や道徳観を基準にした思考です

しかし、後者は色を窺う思考です

『夫は本当はいい人、こんな事をする人ではない』
『私の知っている夫はもっとちゃんとしている』
『夫に限ってあり得ない、ウソでしょう』

と、夫が上司で自分が部下のようになって承諾をする側と求める側になっている
のです
相談者がよく口にするのは

『これをやってもいいでしょうか』
『これでいいですか』
『これはだめですよね』

と、いう

‘OK‘

をもらう言葉です

それは木村泰之に数多く質問として出てきます

しかし、夫に不倫されている妻が何か行動を起こす時に誰かに承諾をもらう姿勢
では負けてしまうのです
そもそも殴るけるを除けば、何をしても白い目で見られる立場ではありません

ブス女に対決しようが夫に何かをしようが、被害者である妻に躊躇があってはダメ
なのです
それよりも自分の中にある倫理観や道徳観から、行動する強さがいるのです

承諾をもらおうとする自分は、長年夫にお伺いを立てている自分がそうさせている
のです
逆に言えば、自分で決める事を避けてきた自分がいるのです

不倫されている状況でさえも、

『女を叩いていいのでしょうか』
『夫に強気で出ていいのでしょうか』

と言っている自分をやめるのです
悪事に対しての行動に不倫夫や誰かに承諾をもらおうとするのは、その基準が曖昧に
なって
いるからに他ならないのです

自分が独身の時であれば、誰かに

『別れていいでしょうか』
『交際をやめていいでしょうか』
『ふざけんなと言ってやっていいでしょうか』

なんて、いちいち承諾をもらう自分はいません

それは自分の中にしっかりと〇×の基準が明確にあって、なおかつそれを元に行動
しているからです
それを今の自分はあほな夫にすがって、〇×で行動せずに承諾を得てから行動して
いる状況に、

『こんな自分でいいはずがない』

と思わなければいけないのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら