不倫脳夫をただ詰めるだけではブス女指令で水面下に逃げられる

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者にとっては、自分の人生そのものが根底から狂った
ような感覚になってしまいます

『夫には何を言っても取り合ってくれない』
『夫には私の事が視界に貼っていない』
『夫の態度は私を排除しようとしている』

というように、共感や共有が皆無になっているからです
それは無理もない事で、このような状況になれば誰でも絶望感も出ます
その中でおかしいと思って不倫を疑ったり、疑っていなくてもある時にその
実態がわかる物証が出てくる事があります

そういう時にどうするかと言えば、

`夫を詰める`

という人もいれば

`夫を泳がす`

という人もいます

それは人によりますから、どちらがいいとは一概には言えません
しかし、不倫脳夫を詰めると

‘素直に謝る‘

というケースもあれば、

‘‘シラを切る

というケースに別れます

その2パターンに夫の態度は別れても、結果的に水面下で続く事が殆どです
なぜそうなるのか

それは

‘ブス女の指令‘

が来るからです

仮に妻に詰められ

『本当に申し訳ない、もう会わない』

と謝ったとして、ブス女に別れ話をするとどうなるのか

『奥さんに見つかって別れるっていうの、何を言っているのよ』
『そんなに別れたいなら別れてあげる、でも会社に言いふらすから』
『私は絶対に別れない、別れるくらいなら死んでやる』

と言って、妻の言う通りになっている夫に強く結託の喝を入れるのです

もちろんシラを切るケースは、言わずもがなでブス女を怒らせるわけには
いかないという裏があるからです
そう考えますと、夫にやめさせたいと思って詰めても結局ブス女の影響を
受けた結果に行きつくのです

逆に夫を泳がせると、いろいろな事実を手に入れる事ができるわけです
そこから、このバカ二人に対してグーの音も出ない証拠を持って臨む事も
できる可能性が高くなります

もちろん、バカ二人を謝らせる事が全てではないです
しかし、夫を慌てて詰める事よりも少し時間を取って

‘自分が納得する事‘
‘自分が反省する事‘
‘自分が行動する事‘

等を考えると、今後の人生に自分の主体性を生む転機になるのです

泳がせるのは決して楽ではありませんが、それだけ夫婦が緩んでいる実態が
あるのは事実です

『夫も私もどこかで夫婦を舐めていた』
『夫婦を何となく進めてきた』

と思えば、泳がせる中で夫のアホさと自分の依存の大きさがわかる副産物が
出てくるのです
そして、しっかりと証拠を撮る作戦やその後の動きはカウンセリングの中で
作ると、相談者の中で夫婦への臨み方が変わるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら