不倫の当事者は司法上は五分五分の立場でも現実はブス女親分夫子分

夫婦カウンセラーの木村泰之です

何かにつけて夫の不倫というものは、悪人が夫とブス女の二人の犯罪であるにも
関わらず、夫への風当たりばかりが強くてブス女にはあまり当たらない風潮が
あります

有名人の不倫でも、ブス女の事は振れないで男のクソップリかその奥さんの苦悩を
伝えるようなメデイアの取り上げ方です
例えばベッキーや鈴木杏樹のようにブス女の方が有名人であれば、それなりに叩く
わけです

なぜなら、メディアは誰が悪かろうが有名人の方を叩く方が視聴率や発行部数を
多く獲得できるのです
要は世の中の不倫報道は、悪人二人いるのにその二人の事を平等には報じない

そうなると、不倫は男の方が有名人のケースが多いので

‘男のアホさ‘

を強調するのです

しかし、一般人であればどちらも無名の夫とブス女です
せいぜい夫が狭い範囲で知られている程度です
その状況では週刊文春やフライデーはいませんから、自分たちで証拠も撮る事に
なります

その中で、そういう世の中の風潮である

`不倫=男が悪い`

という事に、自分たちも勘違いをさせらている事に気付かなければいけない
不倫は誰がどう見ても、当事者である男と女の2人の犯罪です
いわゆる

‘共同不法行為‘

という法律用語で表されるように、共犯なのです
司法上はその二人の罪は5分5分という事になっていて、どちらかが主導して
いるなんて決めていません

しかし、司法と言う枠組みではなく実態を見ればこのバカ二人にはしっかりと
主従関係が存在します
それもことごとく、

`ブス女親分で夫子分`

という関係性です

その関係性には多くの人が気付かないままです
しかし、私が長い間カウンセリングをやっている中では、その構図が

‘スタンダード(標準)‘

なのです

なぜ気付かないのかというか、わからないのかと言えば

`不倫=男が悪い`

がしみ込んでいて、

‘男が悪い=妻が至らない‘

という、流れになっているのです
そこに疑問を呈する人は殆どいないのです
それではブス女が高見の見物をしているだけなのです

その構図を理解してもらうのがカウンセリングです
相談者にとっては、夫だけに思考が集中している状態が一番このバカ二人には
願ったりかなったりなのです

夫にブス女に会わせろと言っても

『絶対にダメだ、俺と話せばいいだろう』
『お前が会うと何をするかわからないから』

と、ブス女を守る子分を出している事を思い出せば、納得がいくのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら