不倫脳夫に懇願から叱る・憤る・毅然とするへの矯正がカウンセリング

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者と毎日接していますと、相談者は突然右も左も上も下も
分からない状況になっています
それはよくわかりますし、そこから何をしなければいけないかをアドバイスを
するのがカウンセラー木村泰之の使命です

その中で、最初は細かい事ではなく大きな意味で伝えるべき事があります
相談者はどうしても

『夫にはどういう態度で過ごしたらいいですか』
『夫には何を言えばいいですか』
『夫は何を考えていますか』

と言うように、とにかく夫を夫としか見ていない質問が来ます
私からすれば、夫は犯罪者です
と言いますか、世の中から見ても

『こいつダメな男、家族にも迷惑をかけているバカな奴』
『本当に情けない男、あほじゃないの』

という見立てです

そういう意味で本来は犯罪者の夫を、夫としか見ていない相談者がいるのです
カウンセリングはそこから始まるのです
どうしても夫を普通の人間に見ている相談者に、

『まずはやっている事についてケジメがいるのですよ』

という事から説明するのです
しかし、相談者は夫のやっている事を横に置いて

『私はどうしても夫と修復したいのです』
『夫に優しくなかったから、こんな事になっているのですよね』
『夫は私の事はもう関心ないです、離婚されるのが怖いです』

と、とにかく自分を下げてでも夫にすがるような心境です
そこには、夫が犯罪者という感覚は非常に希薄です
しかし、順番から言えば夫だろうが誰だろうが

‘ダメなものはダメ`

を言うのが当然の事です

もちろん子供に言ってきかせるのとはわけが違いますから、そのケジメを付け方は
作戦が必要です
しかし、決して被害者である妻が夫にすがって謝るなんてあり得ないのです

その夫に対するスタンスをまず作らなければいけないのです

相談者が夫に持つべき姿勢は大きく言えば

‘叱る‘
‘憤る‘
‘毅然と対処する`

という感覚です

決して

`優しくする`
`謝る`
懇願する‘

という事ではないのです

前者の感覚がなければ、形だけの夫婦にしかならない
犯罪者といつまでも一緒にいるおかしな夫婦になっているのです
その妻のスタンスをしっかりと持ってもらう事が、カウンセリングでの一番最初の
作業なのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら