夫婦で大事な事(会話は試してみること)

よく夫婦の気持ちの伝え方を相談者に聞かれます
 どういう言葉がいいでしょうか
 何を考えているかわかりません
 すぐにケンカになります
相談者にとっては、どういう言葉がいいか具体的に教えて
ほしいという気持ちになるのです
その言葉はあくまでもしゃべる言葉を教えてもらいたい
という意味です
言葉を教えるのは簡単ですが、その言葉を使うだけでは
意味がありません
言葉も大事ですが、もっと大事な事は相手が何を考えて
いるかをわかるようになる事です
2歩3歩も必要ありませんから1歩だけ先を読む、という
事です
ではどうやって読むのか
それは、自分がいろいろな言葉を試して、相手の反応を
覚えることです
いろいろな言葉というのは、口から発することばだけでは
ありません
目、表情、文字、背中、間、強弱、いろいろな事を使った
言葉です
これらを組み合わせて、相手の反応を覚え、これを使うと
こう返してくれる
というパターンを覚えることです
そのために、試すという意識が重要です
例えば
ケンカしている相談者に、
今日帰ったら、相手のいう事を黙って聞いて、一言
「分かったわ」とだけ言って、2,3日過ごしてみてください
夫は少し優しくなります
こういうようなアドバイスをします
こうすると、相談者は試してみようという気持ちになり
余裕ができるのです

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA