カウンセリングで大事な事(応急処置と根本治療がある)

公開日 2011年12月26日 最終更新日 2011年12月26日

年末年始になると、相談者が駆け込み的に増える傾向があり
ます
この時期、相談者が増えるのは理由があります
「人の気持ちが高ぶりやすい」
「酒の宴がきっかけで問題が起きた」
「親族に会って問題が起きた」
等々です
相談者にとっては、年末年始の短い期間で一気に状況
日頃の状況が変わります
カウンセラーは、そういう時期であることを、踏まえて、
相談者に対処する必要があります
要はこの時期は、特に応急処置が必要なのです
とりあえず起きた問題をまずは鎮め、次にその根本にある
問題には腰を据えて取り組む
治療方法が違うのに、一緒にしては相談者が苦しみます
逆に、応急処置で取りあえず苦しみから逃れて、そのまま
にする相談者も少なくありません
もっとひどくなって、しばらくしてからくる人もいます
それでは、カウンセリングに来た意味がなくなる
相談者に治療方法と治療期間を説明する事で、お互いの
信頼が結べるのです
応急処置と根本治療の説明は大事なのです

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA