自分を【過大にも過小にも評価しない】習性を作るのがカウンセリング

自分を適正に見る

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃夫の不倫に悩む相談者にお話ししていますが、そもそもその相談者は悩みを
最初から持っているわけではありません
それは相談者自身もよくわかっています

『私がこんな事で悩むなんてあり得ない』
『もっと私は夫には強い立場だったのに』
『私がこんなに弱るなんて、自分でもびっくりしている』

という認識があります

要は

‘自分が自分ではない‘

という思いです

その相談者にとっては時間の経過と共に、弱い自分が本来の自分のような錯覚に
陥ってしまっています
そうなると、どうしても自分ができる事がかなり限られてしまっています

夫が冷たい態度を取れば取るほど

『私は夫にとって良くない妻なんだ』
『私が離婚してあげた方がいいのでは』
『夫は私の事はもう嫌なんだ』

という自分を責める事につながってしまいます

この負の連鎖を断ち切るにはどうすればいいのか
それは、まさしく

‘自分を取り戻す‘

という事に尽きるのです

しかし、それはなかなか一人ではできない事です
なぜなら、自分で自分の枠を狭めている思考しかないからです
では、どうすればいいのか

それには、第三者の言葉をもらうという事です
例えばこの実態を知っている友人であれば

『あなたの事は私がよくわかっている、あなたはちゃんとしている』
『こんな事でくよくよしないで、あなたはしっかりしているから』
『悪いけどご主人が悪い、あなたは悪くない』

という事を言ってくれるはずです

しかし、多くの場合は夫の不倫を友人にさえも言えない状況です
そうなると、友人からも声をもらえないわけです
そういう時のためのカウンセリングです

私が相談者にお話しするのは客観的なアドバイスです
夫だけではなく相談者の事を、いい所も悪い所も把握してアドバイスします
それは相談者が自虐に走らないためのアドバイスでもあります

『あなたは悪くない、もっと自分を大事にしてください』
『あなたは夫に過信している、それはやめなければいけない』

というように、相談者を客観的に見てお話しします

そこには、夫への引け目を感じている状況を変えてもらうという事が根底あるから
です
それは相談者にとって、いい事も悪い事に関わらずあるのです

そういう事を考えてアドバイスをするわけです
カウンセリングは、相談者が

‘自分を適正に見る習性‘

をつけてもらう場でもあるのです

過大でもなく過小でもなく、相談者が自分を捉える事によって

『私は自分で自分を責めている場合ではない』

という事に気付いてもらうのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら