妻の至らなさをつついて加害者にするのが全国の不倫夫とブス女の常道

不倫夫の自己保身

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃夫の不倫に悩む相談者に接していますが、苦しい中では何ができるのかと言えば
ただただ、夫がやめてくれるのを待つ事になっています

『お前とはもうやっていけない、無理だから』
『俺はもう決めているから、お前が何を言っても変わらない』
『早く別れてくれ、俺を縛るな』
『俺とお前はとっくに終わっている』

と、突然辛辣な言葉を並べる夫に最初は押されてしまって

『私が悪かった、ごめんなさい』
『あなたの事をわかってあげていなかった、ダメな奥さんだった』
『こんなに言われるんだから、よほどひどかったんだろうな』
『別れてあげなければいけないかも、縛ったら夫が苦しむ』

というように、どうしても

‘妻加害者で夫被害者‘

の構図が、夫の言葉から出来上がってしまっています

しかし、それは簡単に言えば捏造でしかありません
仮に妻がいろいろな事で至らなかったとしても、それは話し合いで直す事です
それが無理であれば、喧嘩でも何でもして両者の落としどころを作る事です

もっと言えば、夫の悪い所も土俵に上げて両者の直すべきところを改善するのが
あるべき姿です
それを妻だけの事をつついているのは

‘後ろめたい自分‘

が夫にあるからです

そこが全てのスタートになっているのです

要は夫は自分の不倫を隠したりごまかす手段として、妻への不満を出している
しかし、それを妻は単に

『夫に嫌われている、私は夫に認めてもらうしかない』

という心理になってしまっているのです

それが夫の狙いです
と言いますか、ブス女の嫉妬とコンプレックスの形です
なぜなら、夫単独では妻により攻撃的になるはずがないというかできるはずがない

ブス女は

‘妻に消えて欲しい‘

という邪悪な執念を持っています

その常軌を逸した心理が、強く非難する言葉を夫に伝えているのです
それを聞いた、

『俺はこれ位言っていいんだ、俺は今まで頑張ってきたんだから』
『不倫をバレるわけにはいかない、距離を取るにはこれ位言わなければ』
『あいつはこれ位言っても大丈夫、俺の方が弱いから』

と、ふざけた自己保身に走るのです

それが妻が何もできない原因です

しかし、真実は夫とブス女のずぶずぶな乳繰り合いが全てです
それを本来被害者である妻を、加害者にすり替えているのです
妻の至らなさをつついて加害者にするのが全国の不倫夫とブス女の常道なのです

そこにカウンセリングで気付いてもらうのです

『あなたが何かをしたわけでも何でもないですよ、悪いのはこのバカ二人です』

という事を伝えます

そこから、不倫という悪事を妻の至らなさでごまかすふざけた実態に怒りや憎しみ
を出してもらうのです
そこまで辿り着く事が、最初一歩なのです

そこから、バカ二人への徹底的な糾弾が当然という信念に変わるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら