不倫は夫を〔夫〕としか見ていない頭を【男の犯罪者】に変える転機

不倫夫の定義

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃夫の不倫に悩む相談者に接していますが、多くの方が不安に感じる原因は夫の
冷たい態度です
その態度のワケを夫に聞いても

『うるさい、俺に話しかけるな』
『お前のそういう所が嫌だ』
『俺の事は放っておいてくれ』

という言葉で全然取り合おうとしません

その中で、多くの相談者が更に失望感というか喪失感に襲われます
そのやり取りは、相談者とカウンセリングをする前からある程度察しがつきます

こうやってブログに夫の言葉を書くだけではなく、お話ししているさなかも

『夫にはこう言われたでしょう』
『次に夫が言ってくる事はこういう言い方です』
『何を言うかはどの夫もそれほど変わりません』

という事をお伝えします

すると相談者も

『そうです、まさにそう言ってきました』
『夫がよく言いそうです、この前も言っていました』
『そうなんですね、どの夫も言うんですね』

という納得をした顔になります

もちろん私は占い師でも予言者でもありません

要は

`男の考える事`

`犯罪者が言う事`

の二つを想像してお話ししています

そのうちの一つだけでは、相談者に的確なシミュレーションにはならない
例えば、男の心理だけを想像しても様々な性格の男が存在します

私が一概に言えない男の心理もあるわけです
また、犯罪者の心理も女の犯罪者もいます

男と女の心理での相違もあるわけです

だからこそ

`男の犯罪者の心理`

を元にお話しするのです

しかし、妻である相談者にとって夫は

`夫`

でしかありません

夫を性別で分類するともちろん男ですが、相談者は男というよりも

`夫`

でしかなく、性別を度外視しています

また相談者は夫を自分を苦しめる犯罪者とはゆめゆめ思っていません

むしろ自分を守ってくれる人、すなわち

`夫`

としか思っていません

このように、相談者が頭にない

‘男でかつ犯罪者‘

という、夫の定義の観点からお話しをするのです

この中で相談者は

『男の心理が知りたい』

という思いはあります

しかし、犯罪者の心理を知ろうという感覚は殆どありません

そこに私の話を聞いて

『夫は男とは思っていたけど、犯罪者という見方はなかった』

という事に気付いてもらうのです

その両方がなければ、現実の夫の態度は説明がつかないのです

夫を夫という捉え方では足りないという現実が、今後の相談者の人生に大きな処世術
になるのです

そういう事をわかってもらうために、夫の生態をシミレーションするのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら