〔不倫夫への依存の罠〕にはまるも抜けるも自分だから希望が見える方を選ぶ

不倫夫への依存の罠を抜ける

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

多くの相談者にとっては、夫の不倫に何かにつけて自分の正常な思考を壊されている
わけです

 

それは思考だけでなく、体調にも異変をきたしているのです

 

夫の気持ちを取り戻したいだけでは不倫をやめるわけがない

 

 

その一方で、夫とブス女はどうかと言えば何も悪びれる事なく自分たちの

 

‘快楽を満たすだけ‘

 

の日々です

 

そこに

 

`夫の気持ちを取り戻したい`

 

一心で、妻である相談者は自分の苦しみを夫の機嫌をうかがう行動に変換している
のです

 

もちろん、そんな事をしても夫が不倫をやめる事はほぼないわけです

 

コロナウイルスも不倫も一部の人間の我慢が足りない事で起こっている

 

 

それはコロナウイルスで多くの人が我慢をしている日々に、ある一部の人間が飲み会
や集まって騒いでいるのと似ています

 

もちろん、コロナウイルスは誰のせいにもできない所があります

 

しかし、自分が感染すれば誰かに移す危険が高いという事は子供だってわかっている

 

それを分かっている大の大人がやっているのです

 

それと同じで、夫とブス女は自分たちの勝手な行動を続けているのです

 

そこに誰だって

 

‘ふざけるな‘

 

という思いが出なければおかしいのです

 

それを経済的にも精神的にも依存している夫に、

 

  • 『嫌われたら私は生きていけない』
  • 『夫に愛想尽かれたら、私は路頭に迷う』
  • 『夫には言いたいけど、言ったらどうなるのか怖い』

 

という恐怖の方が勝っている自分では、何も状況を変える事はできないのです

 

木村泰之の相談者は夫に嫌われるのではという恐怖に打ち勝っている

 

 

しかし、結果的に私の相談者はその恐怖に打ち勝っています

 

もちろん、依存が完全に払拭されているわけではありません

 

しかし、それを動きながら依存から抜けようとするのです

 

  • 『私は夫に頼っていたのを、この不倫を転機に変える』
  • 『夫にいつまでも好き勝手にはさせない、生活は親も協力してくれるから何とかなる』
  • 『このままでは後悔しかない、私が苦しいのは自分が弱いから』

 

と、我慢してもMAXが現状の生活維持になっている自分を変えるのです

 

そこには、苦しい事を避けているともっときつい事が待っていると想像がつくからです

 

夫への依存の罠にはまるのも抜けるのも自分次第

 

 

夫のアホさとその陰で糸引くブス女の姿に、

 

『バカ二人に自分の人生を台無しにされるなんてあり得ない』

 

と、自分の弱さを払拭するのです

 

何かにつけて、夫への依存の罠にはまっている相談者に

 

『依存をするのも抜けるのも自分です、自分が変えるのですよ』

 

という事をしっかりと理解してもらうのです

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら