浮気した夫と ‘修復したい‘ ではなく、‘離婚しない事を選ぶ‘ 意識に変えろ

一般社団法人夫婦問題レスキュー隊
無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)

カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談
お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください
2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが
届かない可能性がありますので、ワード、メモ帳
などに一度保存してコピー&ペースト入力下さい)
PCのアドレスから返信しますので、携帯から送信
される場合は、info@41-22.net を受信可能設定
にして下さい)

有料相談についてはこちらから

昨日(4月22日)ご相談件数(メール・対面・お電話) 女性26件男性0件
4月累計ご相談件数(メール・対面・お電話) 女性605件男性1件

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の浮気に悩む相談者とお話していますと、どうしても

決意を促す場面が出てきます

多くの相談者の意思は

‘何とか修復したい‘

という事です

しかし、そこを求めるときついという事にぶち当たり

ます

なぜなら、修復は夫と妻の二人の意思が必要です

片方が臨むだけでは実現しません

相談者に考えてほしいことは、二人の意思を必要

とする‘修復‘という考えを一度捨ててもらう決意

が必要です

それでは、離婚するしかないのかとなります

そうではなくて、

‘修復‘を望む

のではなく、

‘離婚しない事‘を選ぶ

という意識に変えることです

何が違うかといえば、

‘修復‘は夫と妻の両方が必要です

しかし、

‘離婚しない事‘は妻一人でできるのです

‘修復‘を目指せば目指すほど、現実とのギャップ

が大きいのは、夫がその気がないからです

なぜその気がないのかといえば、女に引っ張られて

いるからです

女の排除をする事をする、もしくは努力をすると

夫との修復というより、

‘離婚しない事の大切さ‘

がわかるのです

‘修復‘を言葉にする時は、夫を振り向かせたい

気持ち満々の弱い心のサインです

一方、‘離婚しない‘とは言葉にしないで、心の

中で決意しているので、自分を強くしているサイン

なのです

*******************************************
メルマガ登録(4月19日より随時配信)
『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
(携帯アドレスの場合は、
41-22p1@24auto.biz
ではなく
24auto.biz
をドメイン指定受信設定して下さい)
*******************************************

関連記事
浮気した夫に離婚したいと言われても、離婚は絶対しないというのが相談者の本心のはず

読者登録お待ちしています
メルマガ発行中
(PCでブログを閲覧した時に右上にから登録できます)
『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』
4月28日3時発行 「男にとって辛い事」
(このメルマガは特に読んでおいてください)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら